2006年03月20日

風車小屋だより ドーデー (著)

風車小屋だより:@amazon ドーデー (著) たしか、コルニーユ親方の孫娘夫妻から 風車小屋を譲渡契約する旨の売買手続き書類が、序となっていた。風車の機能不全状態を認識した上での契約であることの念書ともなっている。これ自体も、フィクションである可能性も有るが。 蒸気機関 対 風車機関。 コルニーユ親方。 コルニーユの孫娘とその恋人の残酷。気配りの無さ。ラウド スピーカー。児の口に戸は立てられぬか。児の口の 情報伝達力。容赦なき∨仁義無き、むしろ、仁義などと..
posted by raycy at 09:47

2006年03月09日

クラウジウスの熱理論原典 八木 江里

『クラウジウスの熱理論原典』 : ウェブページ(独語からの翻訳・東海大学出版会) 八木 江里 yagi eri 八木 江里 : ウェブページ | 
posted by raycy at 23:20

2006年01月24日

松縄規 エントロピ・情報・統計

松縄規(Tadashi MATSUNAWA)教授 -  キャッシュ - エントロピ・情報・統計 統計数理研究所彙報 32(2),207-230,1984(ISSN 0563685X) (統計数理研究所 〔編〕/統計数理研究所)
Boltzmannの仕事を踏まえたAkaike(1973)による情報量規準の発見……(P.207)
しかしそれ以前そして現在でも統計学におけるエントロピや情報量は,「何故これらの量が統計の広範囲の問題に共通に利用できる自然な量であるのか」と..
posted by raycy at 15:47

2005年12月21日

熱学第二法則の展開

熱学第二法則の展開 小野 周 (編集), その他(1990/09)朝倉書店
 しかしニュートンは単なる機械論者ではなかったし、彼が表明した実証主義も、額面通りに本心とは受け取れない。あくまでも「自然哲学の任務は、機械論的なものではあり得ない真の第一原因を見出すことにある」11)のだ。  通常物質は受動的で不活発だと見るニュートンにとって、世界の活動性の究極の根拠(「第一原因」)は実は「遍在する神」[ユビキタス?]の耐えざる働きであり、それゆえ重力が燃焼・発熱作用を産む..
posted by raycy at 13:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。