2006年03月27日

Band on the Run  Paul McCartney & Wings

Band on the Run@amazon
Paul McCartney & Wings
posted by raycy at 09:26| Comment(0) | TrackBack(1) | メディ棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

生活科学

生活科学 : ウェブページ |

http://webcatplus-equal.nii.ac.jp/libportal/equalTop.html
Webcat Plus 一致検索


生活にかかわる科学

生活の知恵、生活の科学。
リビング・サイエンス、Living science?
street science?

-------------------------
http://www.alc.co.jp/index.html
地球人ネットワークを創るアルク:スペースアルク

* 生活の知恵
bushcraft〔未開墾の森林地帯(bush)で食料や飲料水を見つけるなど〕
* 生活の知恵
street-smarts / street wisdom // wisdom of living
posted by raycy at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | メディ棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

おなかのへるうた 阪田寛夫作詞・大中恩作曲

阪田寛夫(さかた ひろお).作詞・大中恩(おおなか めぐみ)作曲"おなかのへるうた"おなかのへるうた@amazon
どうしておなかがへるのかな けんかをするとへるのかな なかよししててもへるもんな
posted by raycy at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | メディ棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

 有光 敏彦 筑波大学 [2002-2003]   研究課題 非ギブスエントロピーに基づいた一般化された統計による高エネルギー散乱実験の解析 研究代表者 有光 敏彦

非ギブスエントロピーに基づいた一般化された統計による高エネルギー散乱実験の解析
GeNii(NII学術コンテンツ・ポータル)
得られたREは,発散に関わるカルバック・リブラー測度(ネゲントロピーとも呼ばれる)そのものであることを直接示すことができた。
posted by raycy at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | メディ棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NMP

negentropy maximization
negentropy NMP
posted by raycy at 18:34| Comment(0) | TrackBack(1) | メディ棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月31日

中澤雄大(著) 33人の官房長官に仕えた女性

中澤雄大(著)
特別読物 戦後60年「とっておき秘話」 33人の官房長官に仕えた女性(上)デモを避けて官邸に初めてヘリで降りた佐藤栄作首相
サンデ-毎日 84(42 4714),40-43,2005/8/21・28(毎日新聞社 〔編〕/毎日新聞社)

<特別読物>戦後60年「とっておき秘話」 33人の官房長官に仕えた女性(下)執務室を一新した細川首相 村山政権は人柄に支えられた
サンデ-毎日 84(43),44-47,2005/9/4(ISSN 00395234) (毎日新聞社 〔編〕/毎日新聞社)
posted by raycy at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | メディ棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

巣植え

http://www.nhk.or.jp/kankyo/bangumi/program/p20050917.html
地球だい好き 環境新時代「清太郎さんの森」
[枝廣淳子]について、ウェブ検索で調べる
コメンテーター枝廣淳子氏のによる解説を、私なりに学校の教室での生徒の育成に一部をなぞらえて説明する。
一斉皆伐 一斉植林 一斉造林(従来ここ最近の造林法)では、3分の2の 間伐されるべき同世代と同じ教室で育成していた。製材となるのは3割。
なぜなら、上へ伸ばす為。スカスカだと、木が横へ広がろうとする。横へ伸びたほうが、成長ポテンシャルを効率よく表現しうる。しかし、稠密環境だと、上へ延びない限り、光獲得を成し得ない。よって横への枝ぶりは、自ずから抑制される。

巣植えでは、皆伐せず、落葉樹を残して伐採した林に、(杉などの)針葉樹をある程度の密度の小集団で植える方法であるという。落葉樹の森は、落葉により下草を抑えてくれる。葉が落ちることにより、冬場は針葉樹の低木に光が当る。夏場は、受光量が落ちるが、上へ伸びなければ生き残っていけないことを教えられ、上へ伸びる生き残り戦略を叩き込まれながら育つというのである。

その結果、森林のトータルとしては、間伐しないので 製材収量も結局は増える見込みであるという。コスト、手間的には、作業の構造改革リストラ削減項目が 苗作り、下草刈り、間伐、 これらが削減できるので、うんと儲けが増える見込みという。

かつては、間伐材を利用することで、つなぎの収入を得ていたのだろうが、間伐材が売れず、炭焼きでも生計が成り立たないといった状況では、間伐材を出さない生産システムが求められていたのかもしれない。

巣植えの森では、落葉樹の根の張った森が基本構造としてあるので、治山治水力に優れている。自然生態系の中に、クレードルスポットを設けて、たくらん 0 【▼托卵】 するように、数本の杉苗を託す。そして離散的にスポットを設け、スポット内では群生させる。

カモシカだかなんだか、大型動物を含めた豊かな厚い生態系が、保存・育成・展開される。
環境教育環境として、グリーンツーリズム提供環境として 効用を提供しうることなど、間伐に代わる効用の形態を 伐採までの育成期間では 得ることができそうである とのこと。金になる。ここ以外の自然の荒廃が進展すれば、なおさら である。

[巣植え]について、ウェブ検索で調べる
[林業 政策転換]について、ウェブ検索で調べる
光合成のエクセルギー利用・変換の効率計算の分子について、
コジェネは、必要な場所の近接地で化石燃料発電することで分子を大きくできてる。

光合成の効率
posted by raycy at 11:23| Comment(0) | TrackBack(4) | メディ棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。