2010年09月05日

紅一点論  斎藤美奈子

紅一点論商品の詳細@amazon
―アニメ・特撮・伝記のヒロイン像 (ちくま文庫)斎藤 美奈子 (著) (文庫 - 2001/9)
posted by raycy at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

にがい米

にがい米商品の詳細@amazon
[DVD]
ヴィットリオ・ガスマン (出演), ドリス・ダウリング (出演), ジュゼッペ・デ・サンティス (監督)
posted by raycy at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

スティーヴン・ジェイ グールド『がんばれカミナリ竜』早川書房, 1995年10月, 上巻

スティーヴン・ジェイ グールド (著), Stephen Jay Gould (原著), 広野 喜幸 (翻訳), 松本 文雄 (翻訳), 石橋 百枝 (翻訳)『がんばれカミナリ竜』ganbarekaminariryu.jpg@amazon, 早川書房, 1995年10月, 上巻
posted by raycy at 20:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

死ぬのがこわくなくなる薬 井上ひさし

死ぬのがこわくなくなる薬@amazon―エッセイ 井上ひさし 中央公論社, 1993



ワープロは日本語を変えたか

「名人」とくれば「偏屈」と受けて対にするのか世の仕来りであるが、金ペン堂主人は明朗、かつ親切、変人じみたところは兎の毛の先の塵ほどもない。ただ、客に試し書きをさせないところが常と変わっているかもしれない。


「あなたは何をしたいんですか?」

内心むっとしたが、いま思えばこの編集者は偉かった。じつはこのとき彼は筆記用具と活字との関係の本質をみごとに言い当てていたのである。

たとえばワープロを使っておいでの安部公房さんは言う。
ワープロも万年筆も、結局は書く手段にすぎない。そしてその手段は、最後の表現手段である「活字」に呑み込まれてしまう(「ASAHIパソコン」1991年1月1・15日号)

問題は文体である。
読者が読むのは書かれている文体であり、/そして文体とは結局筆者の脳(思考)の構造に他ならない(安部公房、前掲号)



悪い噂が十以上……

だが、そのころ、ワープロに関してずいぶん悪い噂が飛び交っていた。

ところが、一昨年(1990年)の末、戯曲を書いている最中、右手に微かに痙攣が現れた。

字が書けなくなると食いはぐれてしまうという恐怖がわたしをワープロの前へ連れ出したのである。


ワープロ学院に入学

例の、それぞれの指に担当するキーを覚えさせておいてキーボードを見ずに入力する究極の打法「ブラインドタッチ」にしても、いい教則本と使う側の根気(一日に一時間ずつ、一月もやれば充分)があれば容易に身につく。

 ところで、かな入力かローマ字入力かは大いに議論の分かれるところだが、迷わずにかな入力を選んだ。理由は二つある。第一に、小説や戯曲をローマ字で打ち出す度胸がなかった。第二に、若い頃に通つていたタイプライター学校の先生が「アルファベットキ―の配列は非常に不合理です」と言っていたのを思い出したからである。しかしその不合理には正当な理由がある、と先生はつづけた。タイプライタ―のキーを打つ。するとキ―はア―ム(バ―ともいう)を動かす。アームの先には活字が付いていて、その活字がインクリボン越しに紙へ叩きつけられる。こうして紙に字が移る。ところがタイピングの腕が上がるにつれてアームの往復が早く、烈しくなる。するとアームは途中でもつれて絡み合い、そのつど手を止めて、アームを解(ほど)いてやらなくてはならなくなる。そうなるとかえって能率が落ちる。
「」


苦渋が苦汁、原稿は原鉱に
 ワープロは電子機器である。アームもバーもなく、キーに触っただけで文字が画面に現れる。アームがもつれて絡み合うというようなことはもうないのに、鍵盤のアルファベット文字の配列だけはそっくりタイプライターから引き継いでしまった。電子機器になったのを機会に、「よく使うキーはよく動く指で打とう」ということにはならなかったらしい。そこでローマ字入力で左の小指や薬指を酷使するのはもう願い下げ、あんな不合理な配列に今度も義理立てすることはあるまいと考えたわけだ。


posted by raycy at 01:20| Comment(0) | TrackBack(9) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

欧米経済史―資本主義と世界経済の発展 (放送大学教材) 藤瀬浩司

欧米経済史―資本主義と世界経済の発展@amazon
(放送大学教材) (2004/3) 藤瀬 浩司
posted by raycy at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

速記と情報社会―古代ローマから21世紀へ 兼子次生

速記と情報社会商品の詳細@amazon
―古代ローマから21世紀へ (中公新書) 兼子 次生 (1999/5)
posted by raycy at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミクロ経済学〈2〉 (モダン・エコノミックス)奥野正寛 鈴村興太郎

ミクロ経済学〈2〉商品の詳細@amazon
(モダン・エコノミックス) 奥野 正寛 鈴村 興太郎 (1988/12)

posted by raycy at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マインドストーム―子供、コンピューター、そして強力なアイデア (単行本) シーモア パパート (著), 奥村貴世子 (翻訳)

マインドストーム―子供、コンピューター、そして強力なアイデア (単行本) シーモア パパート商品の詳細@amazon
(著), 奥村 貴世子 (翻訳)
posted by raycy at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファースト・フォワード―アメリカを変えてしまったVTR (単行本) ジェームズ ラードナー (著), 西岡幸一 (翻訳)

ファースト・フォワード商品の詳細@amazon

―アメリカを変えてしまったVTR (単行本)
ジェームズ ラードナー (著), 西岡 幸一 (翻訳)
posted by raycy at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか 菊澤研宗

戦略の不条理商品の詳細@amazon
なぜ合理的な行動は失敗するのか (光文社新書)菊澤研宗 (2009/10/16)
posted by raycy at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

「地球生態学」で暮らそう (誰も言わない環境論) 槌田敦

「地球生態学」で暮らそう商品の詳細@amazon
(誰も言わない環境論) 槌田 敦 (単行本 - 2009/10)
はじめに
 ・・・・・・
 最近、「エコ」ということばが氾濫している。エコのためなら、多少の犠牲や我慢は仕方がないという。見当違いの温暖化対策やなんでもリサイクルなどはその最たるものである。そのような人間の思い込みによるにせ偽エコに惑わされず、エントロピー則に基づいてほどほどに豊かに暮らすにはどのようにすればよいのか。どうすれば人類がこれから先もこの地球うという星で存在しつづけることができるのか、その課題を、次の時代の社会の姿も見据えながら地球生態学として論じてみたい。
2000年9月
posted by raycy at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

The Iron Whim: A Fragmented History of Typewriting Darren Wershler-Henry

The Iron Whim商品の詳細商品の詳細@amazon
: A Fragmented History of Typewriting - ハードカバー (2005/12/13) Darren Wershler-Henry

http://www26.atwiki.jp/raycy/pages/250.html
posted by raycy at 23:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Secrets of Consulting: A Guide to Giving and Getting Advice Successfully Gerald M. Weinberg

Secrets of Consulting商品の詳細@amazon
: A Guide to Giving and Getting Advice Successfully Gerald M. Weinberg (ペーパーバック - 1986/1)
翻訳本は、http://raycy.seesaa.net/article/101993310.html

以前から気になっていた突っかかってしまっている「突っかかった」http://goyaku.jugem.jp/?eid=65#comments
2 cultivating a paradoxical frame of mind

  By now, you may have noticed that many of the laws of consulting take the form of paradoxes, dilemmas, and contradictions, and that they are often humorous. Perhaps this format has surprised you. Perhaps you thought that the consultant, of all people, must be logical, single-minded, and, above all, serious. Nothing could be further from the truth.
  First of all, consultants deal in change. Most people ― that is, most groups of people ― function quite logically most of the time. And most of the time they don't need consultants. The time they do need a consultant is when logic isn't working. Usually they have arrived at some paradox, dilemma, or contradiction. They are, in a word, stuck.

WHY PARADOX?

  "Stuck" reminds me of one of my "technical" consulting assignments when a computer was literally stuck.For no logical reason, the company's payroll program would start to process the record for the first employee and then would sit there, doing nothing ― and doing it 10,000,000 times per second. The programmers confronted me with a long, logical list of reasons why this couldn't possibly be happening ― but, of course, it was happening. and if the payroll wasn't computed in a few hours, there would be hell to pay.


「突っかかった」だっけか、は、"Stuck"でした。

本件の場合には、とまっちゃって何もしないってわけではないのだが、処理は一向に先に進まない、
データ処理の一件目で、毎秒10,000,000回も印刷っとは書いてないみたいだな・一千万回も同じ箇所に留まって、で、処理を繰り返してしまってっているという、
で、先に進まない、。
posted by raycy at 14:02| Comment(0) | TrackBack(2) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木下部長とボク 板尾こうせつ、大宮エリー

木下部長とボク 板尾こうせつ、大宮エリー

君とボクと商品の詳細@amazon 板尾こうせつ、大宮エリー、 南こうせつ (CD - 2010) - Single
posted by raycy at 13:25| Comment(0) | TrackBack(2) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まっすぐな男 佐藤隆太、深田恭子、貫地谷しほり、 遠藤雄弥

まっすぐな男商品の詳細商品の詳細@amazonDVD-BOX ~ 佐藤隆太、深田恭子、貫地谷しほり、 遠藤雄弥 (DVD - 2010)

関西テレビ・フジテレビ系火曜22時ドラマ「まっすぐな男」オリジナル・サウンドトラック
posted by raycy at 13:11| Comment(0) | TrackBack(2) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

ピアノ・ノート  チャールズ・ローゼン

ピアノ・ノート商品の詳細@amazon
チャールズ・ローゼン 朝倉和子 (単行本 - 2009/9/19)
第3章 ピアノという楽器と、その欠陥
 しかしピアノはまた時とともに劣化する。他の楽器とくらべてピアノは年月と使用による変化が激しく、劣化もひどい。アクションの部品は絶えず交換する必要があるし、弦が切れるだけでなく、ハンマーも壊れる。金属のピンは弦を支えきれなくなって音が狂う。ハンマーのフェルトはすり切れ、アクンョンバネは弾力を失う。鍵盤の連打を調整する小さな布切れや皮は磨耗し、接合部はゆるんでくる。乾燥のひどい環境にあれば、ピアノにはひびが入りはじめる。古い楽器はもともとどんな響きをしていたのかけっしてわからない。構造が複雑なだけに、ピアノはもっとも壊れやすい楽器のひとつだ。時とともにしだいに響きがよくなる一方で、ピアノはつねに劣化の危険にさらされている。(P.60)
posted by raycy at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

英語科学論文の書き方と国際会議でのプレゼン 廣岡慶彦

英語科学論文の書き方と国際会議でのプレゼン商品の詳細@amazon
(CD付き) 廣岡 慶彦 (単行本(ソフトカバー) - 2009/9/18)
はじめに
会話英語・プレゼン英語・論文英語は同じか?


 …上記3種類の英語はすべて異なる英語…

(1)会話英語 通常、相手が一人か少人数で、会話中・実時間にお互いに質問できる状況で使われる言葉。したがって文法的に間違っていてもハートがあれば通じる最も容易な英語コミュニケーションと言っても良いでしょう。(B‐Cページ)
一旦、二人の査読者から”掲載不可(Reject)”の判定が下りますと余程のことがない限り編集者に再考されることはありませんので手抜きをしないで査読者に理解しやすいように丁寧な執筆を心がけて下さい。つまり、「投稿論文は査読者にわかってナンボ」です。(3ページ)」
研究内容・論理の一貫性
いずれにしても論理が矛盾したり、結論を導く過程に飛躍があったりすると差読者から指摘されます。
論理の一貫性を2人の査読者から指摘されるとたいていは掲載拒否となります。(9ページ)」
posted by raycy at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

蜜の味 ビタースウィート・サンバ ハーブ・アルパート,ティファナ・ブラス, Herb Alpert

蜜の味 ビタースウィート・サンバ 商品の詳細@amazon
ハーブ・アルパート,ティファナ・ブラス, Herb Alpert

次の曲をリリースしたとき、"A Taste of Honey"はB面だった。だけどティファナ・ブラスがコンサートでこの曲をやると、客席が 熱狂するんだ。僕はこのことをジェリーに伝え、僕たちはレコードの間違った面をプロモーションしてるんじゃないかなって話した。―ハーブ・アルパート
posted by raycy at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人のことば、機械のことば―プロトコルとイ... (新コロナシリーズ) 石山文彦

人のことば、機械のことば商品の詳細@amazon
 ―プロトコルとイ... (新コロナシリーズ) 石山 文彦 (単行本 - 2006/12)
posted by raycy at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現場で使える統計学 豊田裕貴

現場で使える統計学商品の詳細@amazon
豊田 裕貴 (単行本(ソフトカバー) - 2006/9/28)
posted by raycy at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。