2008年04月20日

社会思想家評伝 河合栄治郎

社会思想家評伝@amazon (1940年) 河合 栄治郎 (- - 1940)
第二篇 ジョン・スチュアート・ミル
 功利主義の道徳哲学 最大多数の最大幸福を図る 善 目的
「誰を」:最大多数
「何を」:彼らの「幸福」(快楽と同じ)

所が「内的歴史に於ける危機」経過後 変化

此の以後彼の生存の目的は、自己以外の最大多数の幸福を図ることではなくて、自己の人間としての成長が、目的として置き換えられた。

 善が幸福(快楽)でなくて、人間としての成長にあるとすれば、功利主義ではなくて理想主義である。

 而して優れたる快楽を求める者は、たとえ之を満足しえずとしても好ましく、劣れる快楽を求めるものは満足しえた場合でも好ましからず、「まんぞくしたる豚たらんよりも、不満足の人たらん方がよく、満足したる人たらんよりも、不満足なるソクラテスたらん方より善し」という有名な言葉を述べた。然し善とは何かと問われて何々の快楽と答えるのが功利主義であるのに、快楽の中に善悪の区別を設けるのは、問に答うるに問をもってする循環論法の謗りを免れない。理想主義を採りながら功利主義を清算しえず、功利主義を採りながら理想主義を援用する矛盾が此の中に窺われる。
posted by raycy at 10:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

幸福 快楽と同じ
Excerpt: → 幸福 快楽と同じ?
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2008-04-20 10:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。