2008年03月28日

環境微生物学入門―人間を支えるミクロの生物 瀬戸昌之

環境微生物学入門環境微生物学入門―人間を支えるミクロの生物@amazon―人間を支えるミクロの生物 瀬戸 昌之 (単行本 - 2006/9)
従属栄養微生物のバイオマス

 なお、生物圏のバイオマスは一兆8000億t(乾量)程度とされ、90%以上は樹木のバイオマスである。このうち、大部分は死んだ木質部分であり、生きている葉や形成層はせいぜい10%程度である。したがって、生物圏の生きている樹木の全バイオマスは従属栄養微生物のバイオマスと同程度となる。また、生物圏における大型動物の全バイオマスの大部分は家畜とヒトであり、野生動物はきわめてわずかである。

生物圏のすべての従属栄養微生物 生量5000億t、乾量1000億t
家畜 生量12億t、乾量
ヒト60億人 生量3億t、乾量(P.14)
posted by raycy at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91343037
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。