2008年03月28日

生態系―人間存在を支える生物システム 瀬戸昌之

生態系@amazon―人間存在を支える生物システム (有斐閣ブックス) 瀬戸 昌之 (- - 1992/4)
セレンゲティにおけるイネ科植物に対する2種の草食動物の関与

ウシカモシカに摂食されずに成熟した植物と比べ、摂食の後に回復した植物はその密度や栄養価、そして消化率がはるかに優れているからであった。このことは、草原生態系のガゼールに対するMSYはウシカモシカによって高められることを示唆する。(P.168)
posted by raycy at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91342352
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。