2008年03月28日

物性科学のすすめ 近角聡信

物性科学のすすめ@amazon 近角 聡信 (単行本 - 1977/1)
6章 マクロな量子現象(P.91 中嶋貞雄)
熱運動と零点運動 (P.91 中嶋貞雄)

量子力学がニュートン力学と本質的に違う点は、力学系のエネルギーが最低値をとる状態でも、一般に運動が存在することであって、これを零点運動と呼ぶ。(P.93 中嶋貞雄)
posted by raycy at 00:20| Comment(0) | TrackBack(2) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91277647
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

絶対零度のエントロピー、残留エントロピー、情報エントロピー?
Excerpt: シュレーディンガーに、時計は事実上絶対零度、とか、あったような。 シュレーディンガー 時計  事実上 絶対零度 いつだか、情報系の人に、絶対零度←のエントロピーだと、あしらわれたが、それが本当かも。?..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2008-03-28 00:34

アリストテレスの情報理論、形相。デカルトの信号。ニュートンの運動の不断の減衰と能動的な補充維持
Excerpt: 形相、アリストテレスの情報理論 ←(P.420) ルクレチウス 暗室にさし入る日光の中 に舞踊する 微塵 ( みじん ) の混乱状態 デカルトの信号 デカルト 形相 信号 http://ci.ni..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2008-03-29 13:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。