2005年09月20日

世間とネゲントロピー

世間とは 示強的でもあり示量的でもある。世間とは、ネットワークの構造であり、容量構造を持つ。その上限は、ネットワークの構造・ありよう ―やう 3 0 【有り様】| 国語 |に依存。
ここでのネゲントロピーは佐藤正隆のネゲントロピーを、当面はひゆ 1 【比▼喩/▼譬▼喩】| 国語 |的に援用している。

部分社会の相互ネゲントロピーを考慮したものが有情世間であり、世間総体が社会ネゲントロピーであるかもしれない。
posted by raycy at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 思棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。