2005年09月19日

太陽電池の効率 森林の効率。

太陽電池の裏は、暗黒世界。ぺんぺん草も生えない。通常の意味での表土機能が失われる。治山治水機能がない。
光透過型太陽電池で、人肌に有害な、紫外線領域だけを吸光し、他は透過するような技術があれば、かなり、生態系と補完的と感ぜられるかも知れぬ。
[可視光透過型 太陽電池]について、ウェブ検索で調べる
[可視光透過型 太陽電池 OR ”透明太陽電池”]について、ウェブ検索で調べる
しかし、そのとき浮かび上がってくるのは、紫外線光のエントロピー増大加速機能・劣化促進・風化促進・滅菌機能等の破壊的作用の占める、生態系における価値ではないだろうか。破壊神としての太陽紫外光。光受容体 葉の表面の殺菌に、紫外線は機能しているかも知れぬ。温室ではどうか。
[温室 無菌]について、ウェブ検索で調べる
[温室 紫外線 滅菌]について、ウェブ検索で調べる
だが、ジャングル密林の地表面、海中など 太陽紫外光の及ばぬ領域も、多く存在するのであり、紫外線以外での分解経路も 多く存在するものではある。
posted by raycy at 17:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 思棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

太陽電池を山ごと設置して損なわれる生態系との損得。
Excerpt: 太陽電池を山ごと設置して損なわれる生態系との損得。 http://raycy.seesaa.net/article/7091491.html 霊際: 太陽電池の効率 森林の効率。
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2006-11-30 13:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。