2007年06月29日

経済学の歴史―市場経済を読み解く 中村 達也、新村 聡、八木 紀一郎、 井上 義朗

経済学の歴史―市場経済を読み解く 中村 達也、新村 聡、八木 紀一郎、 井上 義朗 (単行本 - 2001/12)
八木 紀一郎
 経済学の蔑称としては、T.カーライルの、金銭欲と貧困についてしか語らない「憂鬱な科学」(ディズマル・サイエンス)が有名だが、それに対抗しうる美称として筆者が思い浮かべるのは、「世俗の哲学」(ワールドリィ・フィロソフィー)である。これをつくったのは、R.L.ハイルブローナーというアメリカの経済学史家である。(P.9、序章 八木 紀一郎)
posted by raycy at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。