2007年06月28日

特集 空の言語学--言語に実体はあるか 月刊言語

特集 空の言語学--言語に実体はあるか
言語 34(4) (通号 405),22〜81,2005/4(ISSN 02871696) (大修館書店)
チャレンジコーナー 定延利之(P.104)
 終助詞は、「ぞ」「ぜ」「わ」…などと、メンバーをすべて挙げつくすことができる。新しいメンバー(たとえば「にょ」)をその場でいきなり作り出せると言うものではない(つまり「閉じている」)。同じことが間投助詞にも言える。終助詞や間投助詞と違って、「ちょろ」「ひょーん」「ぷう」に類することばは気分しだいで新しいものがいきなり作れ、メンバーをすべて挙げつくすことができない。(つまり「開いている」)。この点で感動詞やオノマトペに近いと言える。(P.107)
posted by raycy at 21:09| Comment(0) | TrackBack(2) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

場 無 空 妙 和
Excerpt: 場 無 空 妙 和 場 空(P.222) 場 広場 空 空の言語学
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2007-06-28 21:44

開いている 閉じている
Excerpt: ← 開いている 閉じている 開いている 閉じている 熱力学 開いている 閉じている 系 開いている 閉じている システム 開いている 閉じている 集合 開いている 閉じている セット 開いている 閉じ..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2007-07-08 02:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。