2007年06月27日

食悦奇譚―東西味の五千年 塚田孝雄

食悦奇譚@amazon―東西味の五千年 塚田 孝雄 (単行本 - 1995/3)
目次
いざ赴かん食道楽(ガストロノミア)のユートピアへ
帝王の宴と聖者の食卓
(6)釈迦は菜食主義者にあらず
作法と禁忌と食養と
(7)ソクラテスはやせていたか?
やむなき境遇のもとで
極限下でつなぐ命の糧
愛飲酩酊の果てに
グルメたちの歓び
食悦もたらす陰の主役
愛好された糧食
飲みもの万華境
食品・調味料アラカルト
藷と野菜と果実と菓子と
(6)しいたけが取り持った道元の「悟り」
ガストロ殿下の話―天上天下唯腹独尊

 釈迦は菜食主義者にあらず(P.23)
 釈迦は貴賎の別なく、出された料理は何でも受けた。だが、紀元前一世紀ごろから大乗仏教が栄えると次第に事情は変わり、菜食主義が台頭してくる。ヒンズー教の影響もあったらしい。「大般涅槃経」のような肉食を罪悪視する経典さえ編まれた。こうした傾向は中国に伝えられてさらに加速した。中国の仏教修行僧は、禅家などにみられるように、深山幽谷に居を構え、農耕で自給自足の生活を営んだ。だから、インドのように肉を容易に入手できる環境ではなかった。こうして寺院の食事は精進料理一辺倒になってしまったのである。
 大陸経由で伝わった仏教をそのまま受容したわが国に、選択の余地は初めからなかった。ただ、肉食にもわずかになじんでいた”民族の記憶”は、精進料理の名称に反映された。ナスの鴫焼き、こんにゃくの狸汁、豆腐の雁もどきetc・・・・・・。僧侶達は、味気ない精進料理にイメージという味付けを施し、楽しんでいたのだろうか。(P.25-26)

 ソクラテスはやせていたか?(P.52)

 しいたけが取り持った道元の「悟り」
 ・・・道元が悟りを開くヒントを得たのもシイタケが取り持つ縁だった。留学する彼の乗った船が宋の港に着いた時、積んでいたシイタケを買出しに来ていた阿育王山の老典座(食事係)に出会い、問答する中で悟りへのひらめきが道元の心をよぎったのである。(P.321)
posted by raycy at 17:39| Comment(0) | TrackBack(2) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

道元 しいたけ 悟り 典座
Excerpt: (P.321)← 道元 しいたけ 悟り 典座
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2007-06-27 18:01

一旦事があれば、重い甲冑を着て戦いもした、勇猛な面も持つソクラテス
Excerpt: 一旦事があれば、重い甲冑を着て戦いもした、勇猛な面も持つソクラテス →(7)ソクラテスは 体躯はがっしりしてただろうとの事、やせぎすでは、本とに重いらしい重装備での武勲?武功?は立て得なかったであろう..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2007-07-20 11:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。