2007年06月25日

図説基礎工学対話―どのようにして量は捉えられたか その歴史と論理と人物と 高橋利衛

図説基礎工学対話―どのようにして量は捉えられたか その歴史と論理と人物と 高橋利衛@amazon (- - 1979/6)
工学を古典物理から自立させ、現代工学の礎石を据えた碩学たちの列伝(P.?C)

工学を自立させた人たち(P.371-)
posted by raycy at 16:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

capacitor
Excerpt: → http://homepage1.nifty.com/th3/capacitor.htm capacitor
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2008-03-09 23:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。