2007年06月23日

社会思想史[正] 大河内一男

社会思想史 大河内一男著 ; [正] , 続 -- 改訂版. -- 有斐閣, 1964, 冊. -- (教養全書)

「憂鬱の科学」(P.2)

 ・・・カァライルが酷評したような「快楽の計算器」としてのミル・・・(P.228)

曰く「或る種の快楽は他のものよりもより望ましく、より価値ありとの事実をみとめることは、功利主義と相容れうる概念である。われわれが他の物を評価するのに、分量とともに品質を考慮に入れるに拘はらず、快楽の評価のみについては、ただ分量のみによるべしとするのは不合理である。」彼が「満足した豚」たるよりも「不満足なソクラテス」たることを選ぶと叫んだのも、まったく同じ精神においてであった。([正]P.230)

・・・この点についてエンゲルスはブロッホ宛の書簡のなかで次のように親切な解説を加えている、――「唯物史観によれば、歴史における究極の決定的要素は現実的生命の生産及び再生産である。それ以上はマルクスも私も嘗て主張したことはない。そこで、若しこれを経済的要素が唯一の決定的要素であるという風に曲解するなら、右の命題は無意味にして抽象的な無稽のたわごとに化し去るであろう。経済的状態は土台である。(下線はエンゲルスによる(傍点?))(P.304‐305)



社會思想史 大河内一男著 ; [正] , 續 -- 有斐閣, 1951.9-1954.2, 2冊. -- (教養全書)
曰く「或る種の快楽は他のものよりもより望ましく、より価値ありとの事実をみとめることは、功利主義と相容れうる概念である。われわれが他の物を評価するのに、分量とともに品質を考慮に入れるに拘はらず、快楽の評価のみについては、ただ分量のみによるべしとするのは不合理である。」彼が「満足した豚」たるよりも「不満足なソクラテス」たることを選ぶと叫んだのも、まったく同じ精神においてであった。([正]P.244)
posted by raycy at 11:23| Comment(0) | TrackBack(4) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Life ライフ 生活 生命 イノチ。資本論、エンゲルスの手紙の和訳。
Excerpt: 現実的生命の生産及び再生産 現実の生活の生産と再生産 いう迄もなく西洋では 一つの「ライフ」でよばれるものが、こちらでは自然にわかれ、生命と生活、つまり「イノチとクラシ」の二つになる。 訳を通じて..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2007-06-23 11:47

Engels to J. Bloch  現実的生命 real life
Excerpt: Bloch Friedrich Engels 現実的生命 Bloch Engels Engels to J. Bloch In Königsberg London, September 21, 189..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2007-06-23 17:17

明けても 太った豚について 19:目線の問題
Excerpt: →というわけで、  立花隆の(*1)→視点は、土方成美の心理の側に則して、立脚して、構成されているかにも、思えてきたのである。すなわち、 1937年 矢内原忠雄説 身体ばかり太って魂の痩せた人間を軽蔑..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2007-07-20 14:58

いま、ソクラテスは満足だろうか?不満足だとしたら、何に何が?
Excerpt: いま、ソクラテスは満足だろうか?不満足だとしたら、何に何が? ミルのデザインでは、ソクラテスの不満足で駆動すれば、いいんじゃないか、てなことになるのか? ミルは、→叫んだのだろうか? 叫ばざるを得..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2007-07-20 16:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。