2007年06月22日

二律背反に耐える思想 今村仁司

二律背反に耐える思想
   ――あれかこれかでもなく、あれもこれもでなく
今村 仁司  思想、2007年第6号 No.998
国粋主義者三宅雪嶺がイニシアティブをとり社会主義者堺利彦を誘って「ルソー生誕200年祭」をよびかけたとき、藩閥政府反対を共通標語にしてあらゆる立場が賛同し結集したという(松尾尊兌『本倉』みすず書房、1983年、75ページ以下参照)。
posted by raycy at 19:59| Comment(0) | TrackBack(4) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

二律背反に耐える
Excerpt: 二律背反に耐える ――あれかこれかでもなく、あれもこれもでなく 共存し難いものを共存させ,二律背反に耐える人間の全体性(ユングの言う「自己」であり自我を超越したもの,小宇宙)を獲得することが目標なので..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2007-06-22 20:19

主体であることに耐える
Excerpt: → 職業としての学問 主体であることに耐える 大河内一男の、自分をひとりに突き放す、だっけか? 自分をあえて一人に突き放すことができる人間 ← 耐える、ってのでは、二律背反に耐える思想 ← 。宙ぶ..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2008-04-27 21:25

科学的学問的。ぜんぶ場に平げて虚心坦懐に眺める。政治・金儲けやらが頭をかすめてては求真ならず。岡潔ら
Excerpt: 科学的に考える。ぜんぶ場にひら平げて虚心坦懐に眺める。政治やら金儲けやらが頭をかすめてては求真ならず、、岡潔 科学的見方。ぜんぶ場に平げて虚心坦懐に眺める。政治やら金儲けやらが頭をかすめてては求真なら..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2009-01-27 03:37

捉えたいのは真理なのだろうが、、 ? 現実問題の解決? 理解の光明を見出すこと? 理論の美しさ?
Excerpt: 捉えたいのは真理なのだろうが、、 ? 現実問題の解決? 理解の光明を見出すこと? 理論の美しさ?→ ----------------------------------- 加藤武 等々力警部 「よしっ..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2009-07-17 10:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。