2007年02月23日

推理と論理―シャーロック・ホームズとルイス・キャロル 内井 惣七

推理と論理@amazon―シャーロック・ホームズとルイス・キャロル 内井 惣七 (単行本 - 2004/1)
ホームズの「逆方向の推理」の特質を鮮やかに解明して、論理学者ホームズを浮き彫りに
講談社88年刊の「シャーロック・ホームズの推理学」と89年刊「パズルとパラドックス」の合本。
posted by raycy at 22:25| Comment(0) | TrackBack(2) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

推論の筋道。体系の中での正統な位置着け。納得できる説明。もっともらしさ。割れ目と生長。
Excerpt: 納得の論理  分類学 分岐学 最節約原理 最節約原理 納得の論理 最節約原理 分類学 分岐学 最節約法が、系統樹推定に現れるようだ。系統樹推定法は、他にもいろいろあるようだ。 さまざまな系統樹作成法..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2007-05-28 08:27

最後の陪審員 上巻 (1) (新潮文庫 ク 23-23
Excerpt: ジョン・グリシャムの最新作である。かつてのリーガルサスペンスの大家の面影がどこへ行ってしまったのか(それとも小難しい本はアメリカでは売れないのか)、最近はどうも作品の質が軟派になっている。今回は小さな..
Weblog: まおのブログ
Tracked: 2008-01-24 15:13
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。