2007年02月18日

中学生にわかる 「エネルギーとは何か?」 新宮秀夫

中学生にわかる 「エネルギーとは何か?」 新宮秀夫
http://www.enekan.jp/archives/2003/02/post_17.html
京都エネルギー・環境研究協会■エネカン■: 中学生にわかる 「エネルギーとは何か?」

わかるかなあ
真正面から、正攻法だ。なるほど。絶対温度零度を基準に観るべきだ。同じ温度差でも、低温での温度差の方が、原点からの離れ方の比率的に効いて来て値打ちが高い低い??
あれれ?私こと、おっちゃん 分かってへんやんか。

極端な例では、低温側が絶対零度で、温度差60度の場合か。
これは値打ちが、、どっちっだ?

あと、低温側が、無限大ぐらい高温なら、、



ところで、相加平均と相乗平均との差なのか???


http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/880be1ec8df1e8b555a5696da7e6bc4f
霊犀社2 エントロピーが増えない世界 (20℃+80℃)/2=48.6℃?
posted by raycy at 23:18| Comment(0) | TrackBack(2) | 解説覚書など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

2007年02月17日 口頭発表と したかったことも記録メモ
Excerpt: 2007年02月17日 東京セミナーにて口頭発表(記録メモ) ネゲントロピーでファクターフォーを表現し得るか。 相の持つ容量性限界と現秩序構造の破壊。相変化相転移しない領域での、復元性容量限度内での使..
Weblog: mottainai Labo もったいない研究所・研究室
Tracked: 2007-02-19 00:10

ネゲントロピーの計算は?
Excerpt: ネゲントロピーの計算は? → 等量の二熱源、定容熱源熱容量Cの場合、ネゲントロピーは、二熱熱容量の合計2C×Ln(相加平均温度−相乗平均温度)てことで、いいのかな? ???この考えは後藤ら←の考えか..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2008-03-05 11:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。