2007年01月23日

高橋秀俊 エネルギの価値 : エネルギ開発持集号によせて

高橋,秀俊
エネルギの価値 : エネルギ開発持集号によせて
日本機械学會誌 68(557),710-713,19650605(ISSN 00214728) (社団法人日本機械学会)

2.熱力学とエネルギの価値づけ
・・・・・・
 こうして、熱力学の第二法則に基づいて、自由エネルギ
   = −TS
という量が定義され、 こそエネルギ にかわって本当のエネルギの価値を示す尺度であるということになる。ここで はエントロピ、 は絶対温度であって、上の式はエントロピが負の価値を有すること、もっと分かりやすくいえば”負エントロピ”が価値を有するということである。(P.710)
 もう一つの重要な点はエネルギの相対性である。・・・・・・(P.711)
posted by raycy at 10:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

コメント
Excerpt: 「物理学ではエントロピー概念にあいまいさはない」について あいまいさが無いとされる領域に限って物理学をやっていないか というか、物理学が語りうる系の条件と、現実の系と、、、 現場の前線へ、学問サイド..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2007-01-25 19:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。