2006年12月15日

美しくなければならない―現代科学の偉大な方程式 グレアム・ファーメロ (著), 斉藤 隆央 (翻訳)

美しくなければならない@amazon―現代科学の偉大な方程式 グレアム・ファーメロ (著), 斉藤 隆央 (翻訳)
■「BOOK」データベースより
アインシュタインの方程式E=mc2は最高に素晴らしい詩のようだ。
だが、この方程式が、現実世界で原爆を生みだしたことは、歴史の皮肉だろうか。
本書は、現代文明に多大な影響力をもたらした方程式を取り上げ、その方程式の由来と波及効果、美しさとパワーの秘密に、超一流の執筆陣が迫る。
一般相対論、量子・素粒子論から生物行動、通信理論、カオス、地球外文明探査、オゾン層とフロンまで、幅広い分野の大方程式を扱う。
目次
革命家なき革命―プランク‐アインシュタインの方程式と量子のエネルギー(グレアム・ファーメロ)
「六分儀」の方程式―E=mc2(ピーター・ギャリソン)
愛欲と美意識とシュレーディンガーの波動方程式(アーサー.I・ミラー)
素晴らしい魔法―ディラック方程式(フランク・ヴィルチェック)
情報をビットで刻む―シャノンの方程式(イゴール・アレクサンダー)
生きているのに最高の時代―ロジスティック写像(ロバート・メイ)
生命の方程式―進化を明らかにする数学(ジョン・メイナード=スミス)
環境をめぐるおとぎ話―モリーナ‐ローランドの化学方程式とフロン問題(アイスリング・アーウィン)
天空の鏡―ドレイク方程式(オリヴァー・モートン)
重力の再発見―アインシュタインの一般相対性理論の方程式(ロジャー・ペンローズ)
隠れた対称性―ヤン‐ミルズの方程式(クリスティーン・サットン)


posted by raycy at 09:00| Comment(0) | TrackBack(2) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

人間圏気候変動と人為排出起源炭酸ガスの関連性の問題
Excerpt: 地球温暖化問題への若干の違和感?間違いであって欲しい願望?、霊際 ←へのアクセスに効いているようで、2008年になってから特に顕著なようだ。 ←http://raycy.seesaa.net/arti..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2008-06-27 20:50

捉えたいのは真理なのだろうが、、 ? 現実問題の解決? 理解の光明を見出すこと? 理論の美しさ?
Excerpt: 捉えたいのは真理なのだろうが、、 ? 現実問題の解決? 理解の光明を見出すこと? 理論の美しさ?→ ----------------------------------- 加藤武 等々力警部 「よしっ..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2009-07-17 09:55
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。