2006年11月29日

情報科学 (1970年) 杉田 元宜、岡山 誠司

情報科学 (1970年) 杉田 元宜、岡山 誠司@amazon
・・・・・・。右辺のかっこの中は電位差にあたると考えると、Re は電気抵抗に対応するので、化学抵抗ともいわれ、左辺は電流にあたり、左から右への反応のflux になる。こういう関係は古くから(1920年代から)Marcellin(マルスラン)、Jouguet(ジュゲ)、de Donder(デ・ドンデル)らによって論じられていた。(P.17)

 次にもっと一般的な場合を考え εε・・・に統計的重率 ・・・ がつくときは・・・・・・(P.30)
 次に
           
=Σ log ――――  (13.17)
           

 関数というもの(エンタルピーとは別)を定義すると・・・・・・(P.32)
  d
 ――― =・・・・・・         (13.18)
  d
 ・・・・・・(中略)・・・・・・
(13.18)式は Boltzmann により 定理と呼ばれたものである。この 関数とエントロピーの間に

 = −

という関係があるので、・・・・・・(P.33)



posted by raycy at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28536689
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。