2006年10月20日

物理学とは何だろうか 下  岩波新書 黄版 86 朝永 振一郎

物理学とは何だろうか@amazon 下  岩波新書 黄版 86 朝永 振一郎

ボルツマン 
最大の「確からしさ」の方向に向って分布関数が変化していくことをいうのが熱力学の第二法則(下巻 P.79)

 先ず、試みにいま述べた物理の語のかわりに、「分子」を「人」と言いかえ、「領域」を「部屋」と言いかえ、「領域に入っている」を「部屋を使っている」と言いかえてごらんなさい。そうすれば何のことはない。要するに事は会議室使用の時間わりだということになります。ですから・・・・・・(下巻 P.96-97)
posted by raycy at 02:00| Comment(0) | TrackBack(5) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ありえない。お前正気かよ。最も尤もらしい。
Excerpt: ありえない 最尤法 ありえない。お前正気かよ。  最も尤もらしい。最尤法 ありえない 確からし 充分ありえる 確からし http://raycy.seesaa.net/article/25785526..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2006-10-20 06:17

もったいなさの定量的表現の理論的基礎:0.テーマ決めの拠りどころ
Excerpt: 「もったいない」は残存価値や理想プロセスと乖離した低効率で物事が放置された状態を形容する場合に使われていることがある。値打ちを値踏みする形容ことばだ。 これとちょっとは似た値打ちの値踏み表現に「あり..
Weblog: mottainai Labo もったいない研究所
Tracked: 2006-11-29 03:34

赤池,弘次 エントロピ-を巡る混乱
Excerpt: 赤池,弘次 エントロピ-を巡る混乱 数理科学 23(1),p53~57,1985/01(ISSN 03862240 // 03868257) (サイエンス社) エントロピーという言葉の使用を第1番目..
Weblog: 霊際
Tracked: 2006-12-03 12:17

リバティとフリーダム.。ふさわしい場所広場部屋運動場を確保、そこで存分に動き回りなさい。
Excerpt: Liberty と Freedom.。ふさわしい場所広場部屋運動場を確保、そこで存分に動き回りなさい、よく遊びよく学びましょう。 そうすれば何のことはない。要するに事は会議室使用の
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2007-06-19 14:01

科学と文明 朝永振一郎
Excerpt: 科学と文明 朝永振一郎(物理学とは何だろうか 下 岩波新書 黄版 86)
Weblog: 霊際
Tracked: 2007-07-03 17:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。