2006年03月14日

アインシュタイン講演録 石原 純 (著), 岡本 一平

アインシュタイン講演録@amazon
石原 純 (著), 岡本 一平
またこの50年間に学術上の用語も大分変わっているので、それらも改めた(例えば原文で「転換」、「相等仮説」と書いてあるものは今では、「変換」、「等価原理」と言われている。(p.200)

この「変換」は、安孫子 誠也 エントロピー的世界に於けるような、熱力学第二法則的な局面での「転化」と「変換」とは違うようではあるが、「転換」と「変換」、ちょっと似た雰囲気もある。

(仏教では天平の甍 井上 靖 (著)鑑真、と言った具合、と引き合いに出していいのかな。どの分野でも同様とも思われるのだが。)
(つまりは、漢字と日本人 文春新書  高島 俊男 (著)での”日本語の悲劇”論で、「四季」をやまと言葉で造語する前に 超先進隣国中国から入ってきてしまったという具合で、内国語が自然成長生成する前に、接木構造でとりあえずまにあってて、そのままで出来てしまっている言語であるということ。そして現在に至る。これを『災い→転→福』的に考えれば、言語の中枢に、接木構造を生成しやすい構造が組み込まれているのかも知れぬ。また、借りてきてでも とりあえず間に合わすとか、「コピー∨本歌取り」「とりあえず」)
継受科学的な部分が体制中核に於いては大半であろう日本物理学アカデミズムの規範と母型語が、独語系から英米語系に移ったであろうことの影響が大きいのか。(継受。受け売り 物まね 接木。継受法からの派生用法として。継受法 固有法 日本のDNA・伝承芸。
英語では、転化はなんと言う。changeと出るが、、。
「転化」も もうちょっと語として練れていない気もする。
イリイチはディスティレーション 精製のある循環が大事だと言っていた(丸山真人談)らしい. . . . .東セミ 本文を読む。これなども、関連を感ずる。

ドイツ語のVerwandlung。これの意味だか成り立ちと言うか、もうちょっと、知りたい。
ついでに、ヘブライ語では どうなんだ?
---------------------
日本の物理学アカデミズム。それは、石原純 居なきあとの アカデミズムである。
石原純、彼はいわゆる女性問題で、その生涯に社会からの横槍を大いに受けた人であったように思う。
二号、おめかけ はちょっとちがうか。家庭生活中での恋愛とかか。石原は、明治新政の中 変わりゆく社会通念に、彼らの本能感性を適合させながら生きてゆくことが、ちょっと苦手。そんなことには、器用じゃなかったのか。
いやむしろ
科学の嗅覚は、本能に近い感性を解放した状態でこそ発動するのか。

原阿佐緒 : ウェブページ |

原阿佐緒は、石原が職を辞してでも追って当然の人であったとの解釈もあった猪野修治氏。
石原純が 科学ジャーナリストとして居る アカデミズムでもあった。菅原道真の失脚時代のような 恐れを アカデミズムや世間側に抱かせた可能性は、どうか。人に指差した人たちと成ってしまった同時代人たち。うわさ、ゴシップ、マスコミの影響の力?

石原純 辞職

寺田寅彦は、理研の写真展示で 茶屋の芸妓とハイキングに行っているような写真を見たような気がする。粋だなぁ、ということだけで、ゴシップとして叩かれるようなことは無かったのかな。どうだっけ。理研での経歴とかはどうだったんだっけ。妻と二度の死別か。家庭人だったのだが、家庭運は不運であったと。そうか、ゴシップへもっていきたがるのは、私のほうか。
寺田寅彦 死別 : ウェブページ |
posted by raycy at 08:26| Comment(0) | TrackBack(2) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

養老孟司 「スルメの製造」
Excerpt: 岩波 科学 2001年4+5月号(Vol.71 No.4)巻頭言 スルメの製造 養老孟司 養老 スルメの製造 : ウェブページ |&nbs..
Weblog: 霊際
Tracked: 2006-03-17 09:19

まず感じる。そして理屈がついてくる。その前提は心の恐怖フリー。もし社会の駆動力が恐怖心だったら
Excerpt: その9← まず感じる。そして理屈がついてくる 岡潔← 情緒、が感知。情操型の誘導で、、。 唐木田← 居心地の悪さ、 科学の嗅覚?← 本能的な? 優れた勘なら別だが、、。 だが、恐怖の場面では、ひと..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2007-07-06 23:01
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。