2006年03月06日

数学嫌いな人のための数学―数学原論 小室 直樹 (著)

数学嫌いな人のための数学―数学原論@amazon
小室 直樹 (著)

解析概論 改訂第3版 軽装版 高木 貞治 (著)の最初の方の証明は循環論法が展開される。だが、循環論法は同値性の確認であり、論理的にOK。
Column 循環論も正しい!!
……その第一章にでてくる四つの定理 ・・・・・・ はどれも同値(equivalent)なのである。どの一つからでも他の三つは導出できる。
・・・・・・
要するに、どれか一つの命題(定理)を公理として要請すればよいことではないか。それにつきる。(P.221‐223)

Kazutake Boxさんの解説では、「繰り返しだ。フーガだ。全編に亘って基底で鳴り続いているのだ。ちょうどポアンカレの本(ポアンカレ 科学と方法 科学と仮説 科学の価値のどれか)にも似た構成だ。」とのこと。
posted by raycy at 16:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アリストテレスの情報理論、形相。デカルトの信号。ニュートンの運動の不断の減衰と能動的な補充維持
Excerpt: 形相、アリストテレスの情報理論 ←(P.420) ルクレチウス 暗室にさし入る日光の中 に舞踊する 微塵 ( みじん ) の混乱状態 デカルトの信号 デカルト 形相 信号 http://ci.ni..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2008-03-29 10:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。