2006年01月21日

岩波講座物理の世界 (物の理数の理4) 数学から見た統計力学と熱力学 砂田 利一


岩波講座物理の世界 (物の理数の理4) 数学から見た統計力学と熱力学
砂田 利一(著)単行本(2004/10)岩波書店
一般に,エネルギーは物理学的な仕事に換算しうる量の総称であるが(ヤング,1807年),本文でも述べたように,歴史を振り返ればエネルギー保存則が満たされるようにエネルギー概念が拡張されてきたことになる。(P.82)

エネルギーが保存量となるように、不都合や未知項が出る度に その都度拡張されてきた。そのように、エネルギーの周りの理論体系巻き込む形で、定義し規定し続けられてきた量がエネルギーである。
エネルギーが保存量であるのは、一種の定義であり、成り立つのは当然とも思える。
posted by raycy at 17:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

星野華水による"チャート式 科学史研究
Excerpt: 星野華水による"チャート式 星野華水 チャート式 科学史研究 金山浩司 ソヴィエトの語法を身につけた物理学者ー1930年代哲学論争とその帰結 ”エネルギー保存則は保存される” これってエネルギ..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2007-05-24 20:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。