2009年02月25日

やさしい微積分 L.S. ポントリャーギン、L.S. Pontryagin、 坂本實

やさしい微積分 (ちくま学芸文庫) L.S. ポントリャーギン@amazon
、L.S. Pontryagin、 坂本 實 (文庫 - 2008/8/6)
http://webcatplus-equal.nii.ac.jp/libportal/DocDetail?txt_docid=NCID%3ABA86775643
「本は入念に書けば書くほど薄くなり、それだけ書くための労力が大きくなる。
おおざっぱに言って、著者が綿密さを2倍にすれば、本の厚さは半分になる。」
こう語る全盲の数学者ポントリャーギン。
コンパクトな本書にも著者の配慮が至るところ払われている。
直観的なイメージを足がかりにしつつ、巧みな計算術で公式をよどみなく導き出す。

http://muneta.info/art/non-object.doc
「著者への支払いはなされた仕事の量に反比例する」
「厚い本ほど書きやすく、儲けがそれだけ多くなる」

posted by raycy at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114797557
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。