2009年02月25日

物理学史 小山慶太

物理学史 (裳華房フィジックスライブラリー) @amazon
小山 慶太 2008/5/25
目 次
http://www.shokabo.co.jp/mybooks/ISBN978-4-7853-2230-4.htm
1 力学の確立と発展
2 光学と電磁気学の融合
3 熱力学の完成
 3.1 永久機関の夢
 3.2 力学的エネルギー保存則
 3.3 熱の本性をめぐる論争
 3.4 エネルギー保存則の確立
 3.5 不可逆過程とエントロピー
 3.6 マクスウェルの悪魔と確率論
 3.7 それでも分子は動いている
4 微視的世界と量子力学
 4.1 人間からの離脱
5 相対性理論の誕生と展開
6 基本粒子とその相互作用の探究
7 ノーベル賞と現代物理学
posted by raycy at 14:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114792581
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

地質屋の科学。農業のor地上機械の境界条件。人間圏維持の境界条件制約条件。理論物理屋の境界条件、、。
Excerpt: 地質屋の科学。農業の境界条件、地上機械の境界条件。人間圏維持の境界条件制約条件。物理屋の境界条件。理論物理屋の境界条件、、。 地質屋の科学。農業のor地上機械の境界条件。人間圏維持の境界条件制約条件。..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2009-03-06 01:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。