2009年02月25日

ダーウィン―進化の海を旅する パトリック トール、Patrick Tort

ダーウィン―進化の海を旅する@amazon
(「知の再発見」双書) パトリック トール@amazon
、Patrick Tort、南条郁子、藤丘樹実 2001/10
日本語版監修者序文 平山廉@amazon
 …。ダーウィンにとって最も大きな思想的影響があったのは「地質学原理」で知られる……チャールズ・ライエルであったと思われる。(p001)
 本書の中で最も印象的だったのは「地質学こそ彼の方法の原点…。小さな効果の積み重ねによって少しずつ世界を変えてきた巨視的な過程を理解するために、現在進行中の微視的な過程を直接観察するという方法…」(p002)
 私が思うに、…、自然界における「微視的な過程」の素直で慎重な観察者…(p002)
posted by raycy at 11:20| Comment(0) | TrackBack(2) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114786078
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

地質屋の科学。農業のor地上機械の境界条件。人間圏維持の境界条件制約条件。理論物理屋の境界条件、、。
Excerpt: 地質屋の科学。農業の境界条件、地上機械の境界条件。人間圏維持の境界条件制約条件。物理屋の境界条件。理論物理屋の境界条件、、。 地質屋の科学。農業のor地上機械の境界条件。人間圏維持の境界条件制約条件。..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2009-03-06 01:19

石の声を聞くすべ術 伊藤剛の方法? 朝永か感心し、ダーウィンも依拠したその方法とは、、?
Excerpt: 石の声を聞くすべ術 伊藤剛の方法? 朝永か感心し、ダーウィンも依拠したその方法とは、、? 朝永振一郎は、地球物理学の方法に感心した。 http://raycy.seesaa.net/article/4..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2009-08-22 04:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。