2008年08月18日

名探偵ただいま逃亡中 生島治郎

名探偵ただいま逃亡中@amazon 生島 治郎 (単行本 - 1990/6)(文庫 - 1993/7)
 私のハードボイルド小説観は次のようなものである。
「ハードボイルド小説は、アメリカに於いて、文明が極度に発達し、その結果腐敗しはじめたときに、その腐敗した部分を描くことによって成立した。…
 …、そういうフィクションの部分を描きながら、現実社会のリアリティをありありと読者に感じさせるところにハードボイルド小説の面白さがあるように思われる」
 この一文は、私が『追いつめる』で直木賞を受賞した後に発表したものだが、編集者時代から既にこういう考えを持っており、日本においてもハードボイルド小説の誕生は可能だと思いつめていた。(P.18-19)

ロアルド・ダールの『南から来た男』(P.48)

樅の木は残った(P.74)

 どうやら、私にはハードボイルド作家というイメージがつきまとっているらしい。直木賞の受賞作がハードボイルド作品だったので、そういう印象で見られがちなのだが、本人はそれはちょっと違うと思っている。
 たしかに、フリーになって作品を発表しはじめたころは大いにハードボイルドにこだわってやろうという思い入れがあった。

ハードボイルド小説を書くように、いろんな書き手にすすめてみたがはかばかしい返事は得られなかった。
 …・それじゃあ、自分で書いてみようかと私は変に力みこんでしまった。ハードボイルド小説――それもタフガイ小説ではない、ハメット、チャンドラー、マクドナルドの作風に近いハードボイルド小説を書いてみようじゃないか。若気の至りでそういう大それた望みを抱き、私は自分なりのトライをした。
 …
 …。自分の書きたいもの――つまり、自分がエンターテインできるものを読者に伝えるには、いろんなスタイルいろんなテクニックが必要なわけで、そこでハードボイルドのジャンルにこだわっていては窮屈でしょうがないし、テーマが死んでしまう。
 …。だから、のちにはタフガイ・ストーリイにも、奇妙な味の作品にも、サスペンスにも、冒険小説にも――要するに、自分の書きたいテーマに合わせてジャンルを選び、それぞれのスタイルで作品を発表してきた。(P.114-116)

 私は『追い詰める』で直木賞を受賞したせいで、ハードボイルド作家というレッテルをはられてしまったが、このレッテルに合わせてむりにハードボイルド作品を書いてみても、失敗することはわかりきっている。……

 ハードボイルド作家というレッテルをはられているからといって、むりやり合わせ技でハードボイルド小説ばかり書いていると欲求不満になるから、私は今までにハードボイルド小説以外のものもいつつか手がけてきた。冒険小説もそうだし、スパイ小説もそうだし、奇妙な味の短篇やショート・ショート、日本ではあまり手をつけられていないチンピラもの(…)にも挑戦したし、時代小説も書いたことがある。そのときに書きたかった素材をそれにふさわしいジャンルに合わせ、スタイルを吟味して書いてきたつもりである。(p.122-124)

 女性にとっては、フィリップ・マーロウはクールでタフな面しかみせていないのに、ふと、そういうやさしさをのぞかせられると、一層、そのやさしさに真実味がこもるんだろうね。のべつやさしいだけじゃ、女性は口説けないのかもしれない。
 つまり、いくらやさしくしてやっても決してのめりこみはしないという、確固たる自信のあるところが、女にとっては魅力になるんだな。また、そういう確固たるルールがあるからこそ、いくらでもやさしくできるということもいえるんで、その辺がクールなんだよ。ルールがなくて、やたらに惚れこむ男性では、女性にバカにされるだけじゃないか。(p.162)
posted by raycy at 21:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

人工世界、交換市場経済の支配ルールを体得した場合の、極意?常識、反射動作、、名人芸、短絡的行動、
Excerpt: 人工世界、交換市場経済の支配ルールを体得した場合の、極意?常識、反射動作、、名人芸、短絡的行動、、 http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/0520bc4841a6953ccaba..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2008-08-28 09:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。