2008年08月16日

映画字幕は翻訳ではない 清水俊二、戸田奈津子、 上野たま子

映画字幕は翻訳ではない 清水 俊二、戸田 奈津子、 上野 たま子 (単行本 - 1992/7)
 …マーロウのマーロウらしい魅力
 …マーロウの人格を語るには大切なこと

 しかし、角川事務所がチャンドラーからの引用といっているわけではなく、映画の世界ではよくあることだし、角川春樹君とは知らぬ仲ではないので、顔を合わせることでもあったら、あのマーロウは少々ちがいますよとでも言おうかなどと考えていたところ、丸谷才一君が「週刊朝日」で…

 そう言われてみると、私も腹を立てなければいけなかったのかもしれないが、映画界というものは、なにごともことなかれ方式がよしとされているところで、いまさら何か言ったところで、もはや証文の出しおくれである。
(78・11・12 Aasahi Weekly)
posted by raycy at 15:22| Comment(0) | TrackBack(2) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

フィリップ・マーロウはモテ系男の一タイブ?、、知的ミステリー系女子の琴線にふれる、かも、、確率系
Excerpt: フィリップ・マーロウはモテ系男の一タイブ?、、知的ミステリー系女子の琴線にふれる、かも、、確率系 フィリップ・マーロウのケースでは、、 男はフィリップ・マーロウだ、、フィリップ・マーロウ化計画? ..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2008-08-17 03:29

よろいとしての hard man? ← ですかねえ、小鷹信光さん?「タフ」のよろいを脱ぎ捨て、
Excerpt: よろいとしての hard man? ですかねえ、小鷹信光さん? ←(P.246)「タフ」のよろいを脱ぎ捨て、 ←(p.209) よろいを着けたインターフェース対人面、、 フィリップ・マーロウは、内..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2008-08-17 14:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。