2008年07月02日

コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学 G.M.ワインバーグ、木村泉、 ジェラルド・M・ワインバーグ

コンサルタントの秘密コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学 @amazon―技術アドバイスの人間学 G.M.ワインバーグ、木村 泉、 ジェラルド・M・ワインバーグ (単行本 - 1990/12)
・・・もしかすると読者は、コンサルタントというものは、ほかの誰よりも論理的で、脇目を振らず、そして何よりも真面目でなければならないのだと思っておられるかもしれない。だが、その想像ほど真実と遠いものはない。
 何よりもまず、コンサルタントの商売の種は変化である。たいていの人は、――ということは、たいていの人の集団は――たいていのときはきわめて論理的にふるまう。そしてたいていの場合には、コンサルタントを必要とはしない。彼らがコンサルタントを必要とするとすれば、それは論理がうまく行っていないときなのだ。だから通常彼らは、すでに逆理や、ジレンマや、矛盾に突き当たっているはずなのである。ひとことでいえば、彼らは突っかかってしまっているのである。

なぜ逆理か
 「突っかかった」という言葉を聞くと、私は昔やった「技術的」なコンサルタント業務のことを思い出す。計算機が文字通り突っかかってしまったのである。その会社の給与計算プログラムが、最初の従業員のデータを処理しはじめたとたんに何の理由もなくそこで引っかかってしまって、何もしなくなった――というか、同じことを毎秒一千万回も繰り返しはじめたのである。プログラマたちは、そんなことは起こるはずがないことを示す論理的理由を長々と並べ立てたが、もちろんそれは現実に起こっていたのだった。・・・・・・
合理的であるな、妥当であれ。

 ・・・・・・の背後の論理を何なのか知りたがる。この架空のタイムカードを試してみる前にその「論理」を説明することは、私にもできなかったろう。だが、なぜそれが妥当なことかならば説明できた。プログラマたちは論理ゆえにあまりにも麻痺して、有効に考えられなくなっていたのだから、それは確かに妥当なことだったのだ。だから私が何かをすれば、それがすなわち改良になる、という可能性が極めて高かったのである。・・・。それでうまくゆかないのなら、何かほかのことをやってみるつもりだった。
 ・・・・・・
 読者の中には、私が彼らに対してすべてを論理的に説明することができないという理由によって、逆説的なものに抵抗し、さらに熱烈に論理性に執着する人々もあらわれるかもしれない。多分彼らは、有能であるよりは正義の味方であることのほうが好きなのだろう。
 合理派のコンサルタントは彼らの依頼主が非論理的に振る舞いはじめると、必ずがくっと調子を狂わされる。というのは、
自分は何でも知っていると思っている人ほどだましやすいものはない
からである。その種のコンサルタントは、がくっときたときはきっと、仰々しい合理化によってそれを隠そうとする。彼らはどうやら、ユーモアが欠如してさえいればこの人は合理的な人だと思ってもらえる、と思い込んでいるようだ。たいていの場合、彼らがだませるのは自分自身だけである。
 パラドックスに満ちた世界では、誰でもいつかはつまずづく。なぜつまづいたかを理解することも有益ではあるが、もっとも重要なことは冗談や、なぞなぞや、パラドックスを通じてしか説明ができないものだ。生き残りのためには、われわれはものごとを笑い飛ばし、もう一度はじめからやりなおす、ということをおぼえなけるばならない。こうしてわれわれは、次のような新しいパラドックスに導かれる。
命に関わる仕事は、真面目に取るにはあまりにも重要だ。

最適化症とトレードオフ療法
posted by raycy at 12:24| Comment(0) | TrackBack(8) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

翻訳の不可逆性、言説の日本上陸時における、、 。(木村泉先生、身をはったミソサザイ実験など、my尊敬いたしております。)
Excerpt: http://goyaku.jugem.jp/?eid=62 英日 誤訳どんぶり | ワインバーグ『コンサルタントの秘密』§1-3--(その1): 翻訳の不可逆性、言説の日本上陸時における、、 。(..
Weblog: 霊犀その2
Tracked: 2008-07-21 10:59

独自提唱新仮説をいきなり「常識の府」に問う。それでオッケーな場合もあるかもしれない、、。普通は、てか望ましいのは、まず大学院からとか同好会からとか、やっぱり学会から、とかな気もするが、どうかな、?
Excerpt: 科学とは「その時点におけるもっともレヴェルの高いうそそのレヴェルの最高を定める役が、関連する学会ってことになろうか、、。 みんないっぱんから構成されるフィルターは「常識の府」、それから出てくる答えは..
Weblog: 霊犀その2
Tracked: 2008-07-21 12:02

プリンタで突っかかるワインバーグ。、、否、木村泉のほうか?つっかかってそのまま、、みそさざい、、
Excerpt: プリンタで突っかかるワインバーグ。、、否、木村泉のほうか?つっかかってそのまま、、みそさざい、、 突っかかるhttp://b.hatena.ne.jp/raycy/20090114#bookmark..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2009-01-14 07:22

タイプライタに要望要求され実現可能なリアルタイム性それぞれの時代の。そしてそれなりの使いよう、作法
Excerpt: タイプライターのリアルタイム性。タイプライターに要求・要望されたリアルタイム性、それぞれの時代? タイプライタに要望要求され実現可能なリアルタイム性それぞれの時代の。そしてそれなりの使いよう、作法 タ..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2009-10-13 04:20

Secrets of Consulting: A Guide to Giving and Getting Advice Successfully Gerald M. Weinberg
Excerpt: Secrets of Consulting@amazon : A Guide to Giving and Getting Advice Successfully Gerald M. Weinbe..
Weblog: 霊際
Tracked: 2010-03-26 14:04

Dvorakその男は世界の効率をたかだか十パーセントばかりも改善してみせられるか。
Excerpt: Dvorakその男は世界の効率をたかだか十パーセントばかりも改善してみせられるか。 Dvorakは、「たかだか十パーセントの男」として、ノーマンらにより歴史に刻まれようとしている、かのようだ。htt..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2010-03-28 13:46

「工学的発想のすすめ」とか、あったっけか、、『コンサルタントの秘密』は あったな、、
Excerpt: 「工学的発想のすすめ」@amazonとか、あったっけか、、http://raycy.seesaa.net/article/26301674.html 『コンサルタントの秘密』 @amazonは あっ..
Weblog: 一般KY論入門:raycy
Tracked: 2010-07-07 19:38

第三者が行ったほうが効率が上がる場合、、第三者の目を入れる、、
Excerpt: 第三者が行ったほうが効率が上がる場合、、第三者の目を入れる、、 当事者が 因習に囚われた状態にある場合 コンサルタントかな。諮詢機関、、 http://raycy.seesaa.net/artic..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2011-07-25 06:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。