2008年07月01日

蜂の寓話 自由主義経済の根底にあるもの (上田辰之助著作集) 上田 辰之助

蜂の寓話@amazon 自由主義経済の根底にあるもの (上田辰之助著作集) 上田 辰之助 (- - 1987/8)
小序
 ・・・・・・
 『蜂の寓話』は経済学史においても特異の一文献たるを失わない。アダム・スミスの経済学を深く理解しようと思う人はぜひ研究されなければならない重要資料である。私が『寓話』の邦訳を志し、それをわが学界に少しでも接近し易いものとしようと試みたのはそのために外ならない。この点私の微力が幾分お役に立ち得れば本望である。また巻尾に原著詩篇の写真版を添えたのも同じ趣旨に出ずるものであること申すまでもない。
 しかし本書の主として目指す読者は社会思想に関心を持つ一般教養人である。なかんずく、文化に対して情熱を抱く純真な青年学徒である。そういう人々に渋滞なく、欲を言えば楽しく読んで貰え、それでいて余り調子の低くない読物を提供するのが私の念願である。それ故に私は本書の執筆にあたっては絶えず学生諸君の顔を心眼で見詰めながら稿を進めた。いわば、諸君と共に、裃を脱いで自由にマンドヴィルを語るといった気持ちで問題を前後左右から考察した。表現をできる限り砕けたものとしたことや時に、否甚だしばしば、脱線も敢えて辞せずという思切った「非学問的」な叙述形式をとったことは、その意味で、おゆる宥しをねがわねばならない。所詮マンドヴィルはペダンティックに取り扱い得ない、また取り扱ってはならない著者である。(p.iiv-iv)
posted by raycy at 12:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

口述伝承から親指述伝承コピペ伝承へ?
Excerpt: 口述伝承から親指述伝承コピペ伝承へ? 消えるヒッチハイカー ←の原書(Q謎『キーボード配列QWERTYの謎』参考文献458 ←)は1881年刊、eメールも、携帯も携帯メールもまだまだだったろう。 ..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2008-07-02 09:49
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。