2008年06月30日

「特集:高橋秀俊 ---- ある科学者の発想」

「特集:高橋秀俊 ---- ある科学者の発想」『科学』69巻9号、735-768頁、1999年
<座談会>いまなぜ高橋秀俊なのか 磯部 孝・今井 功・江沢洋・蒲生秀也・木名瀬 亘・喜安善市・戸田盛和・和田英一 (P.P.735-743)
高橋物理の根底にある透徹した視点
和田 クロッシングオーガン(Crossing Organ)の回路という、フォン=ノイマンのものよりずっと簡単で能率がよいものがでている。フォン=ノイマンはどうしてこれを使わずに、より複雑なものを設計したんだろうかと高橋先生に話したら、”君ね、動物のからだにはクロッシングオーガンの回路のような同期機構なんかないんだよ。フォン=ノイマンは能率よりも自分で考えている人間のからだのモデルをこれで表したかったんだ”というふうに先生はおっしゃった。1996年、・・・、アーサー・バークス先生にその話をしたら、”そのとおりだ”とおっしゃっていました。高橋先生もフォン=ノイマンもなにが生命の本質なのかをとらえたうえで考えを進めていたのですね。
磯部‘物理の散歩道’(後述)でも書かれていますが、高橋先生は、生物の使う手段というのはみな中途半端だというんです。人間が機械をつくるときは設計の段階から非常に精密な数学とか、物理的な法則を使う、生物の場合は中途半端なものをうまく組み合わせて、結果としては非常にうまくやっていると。そういうものは自然にできると。

科学者の美意識
・・・・・・
喜安 計算機関係では、後藤さんの例のパラメトロン論理です。あれの記号は完全に対称性があるんです。現在使われているブール代数系では対称性がないんです。高橋先生が後藤さんのパラメトロン論理を見て、この対象性がいいんだとおっしゃってました。僕もそれには同感です。
物理が“わかる”とはどういうことか―高橋さんに想う 今井功 746
素数を法とする思考
 ・・・・・・
 高橋さんとの議論を回想すると、高橋さんにとってp1は”回路論”であり、私にとっては”連続体”であったとつくづく思う。
パラメトロンとそのインパクト 喜安善市 (pp.752-755) 
パラメトロンの原理と多数決論理(4)
  • ”3拍励振方式”
  • 論理演算回路が汎用性であるためには、ブール代数における否定と論理和(OR)の作用をする素子が必要である。
    * この場合、論理和を論理積(AND)で置き換えてもよい。また論理和と論理積との両方があれば十分である。
  • たとえば図3のPzでは、m=3で、その出力(発信位相)はPxPyP1の”多数決”で決まる。ここで、常数パラメトロンP1の出力をπに選べばzはx,yの論理和で、基本演算系が実現できる。このような論理演算体系を多数決論理と呼ぶ。
    * P1の位相を0に選べば、zの出力は論理積となる。このように、常数パラメトロンの位相に論理和と論理積が対応する。これはトランジスター回路にないパラメトロン回路の特徴で、対称性のあらわれである。この対称美が高橋さんその他を魅了した。座談会参照。
  • パラメトロン素子も江崎ダイオード対も”2端子”で、信号の流れに方向性がない。3拍(一般には多拍)励振方式で方向性を与えた功績は歴史に残る。多数決論理***や論理入出力分岐数などの概念、否定演算の移動方則、数式処理プログラム式計算機の構想、プログラムにおける割り込み機能などはその代表的な典型例である。ソフトウェアの面でも、高速フーリエ変換、複数の素数を法とする正確な高速計算法など不滅の功績を残した。
    ***室賀三郎さんは、多数決論理を閾値論理に拡張し、大著(6)にまとめた。
文献
  1. 高橋秀俊編:パラメトロン計算機
  2. 高橋秀俊:コンピューターへの道
  3. 遠藤論:計算機屋かく戦えり
  4. 高橋秀俊:科学、26、3(1956)
  5. パラメトロン研究所編:パラメトロンの研究T
  6. S.Muroga:Threshold logic and its applications.
ロゲルギストたち―科学随筆と思索 磯部 孝 763
“実数学”者高橋秀俊―数学と数値計算 森 正武 766
 この考えは、行列の計算、多項式の演算、複素数計算、そして整数論的調和解析へと発展していく。このことについては、Knuthの本[9]に簡単に引用されている。

そこでセミナーの終了後昼食をともにした折り、Cooley氏に高橋先生の整数論的調和解析のお仕事のことを伝えたところ、”いまFFTの歴史を書いているので文献を提供して欲しい”といわれた。筆者は先生の論文のコピーを後で送ったが、筆者の力不足で残念ながらどこにも引用されなかったようである。
[9]D.E.Knuth:The Art of Computer Programming. Vol.2 2nd ed., Addison-Wesley(1969, 1981) p.275
posted by raycy at 08:28| Comment(0) | TrackBack(2) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

いまなぜ高橋秀俊
Excerpt: いまなぜ高橋秀俊 ← 喜安善市氏による「パラメトロンの原理と多数決論理」についての解説が載っている.(pp.752-755) 
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2008-06-30 12:36

キーの寓話理論コアが拠るノーマンらの前提1交互手打鍵最速2キー離れて配置。を安岡孝一ら2008引用
Excerpt: Arnさん?の看たてた Fable of keysの理論コア支えるノーマンらの議論支える、両手交互打鍵仮説、キー最大離れて配置説。を引用する安岡孝一ら(2008) 文字鍵盤の寓話 キーの寓話理論コアが..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2008-07-09 02:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。