2008年06月28日

オールドパンク、哄笑する―チャールズ・ブコウスキー短編集 チャールズ ブコウスキー、Charles Bukowski、 鵜戸口哲尚

オールドパンク、哄笑する商品の詳細@amazon―チャールズ・ブコウスキー短編集 チャールズ ブコウスキー、Charles Bukowski、 鵜戸口 哲尚 (単行本 - 2001/6)
愛用のタイプライター
・・・中略・・・
彼は俺に
この大型タイプライターを買ってくれた
お陰で書くことに励めた
素晴らしく強力なタイプライターだ。
・・・中略・・・
そして俺はパンツ姿でボケーッと座って
スコッチとビールを飲みながら
タイプをバンバン打った。

そしてある夜のことだった
夜中の二時半頃だったと思う
そしてもうそれ以上
動かなくなった
そこで俺は
俺の恩人に電話した

「おい、このキーは動かねえゾ!
こいつはどっか故障してるゼ
おんぼろタイプめ!」

彼が言った、「おい、そのタイプは
どっこも壊れてないヨ、きみは
感覚を身につけることをしないとダメだ
リズム感覚を・・・」

「このおんぼろタイプは役に立たない!」
俺は怒鳴って
電話を切った。
ところが、その翌日その次の

俺は調べてみて彼が
正しいことがわかった

つまり
タイプはまったくどこも悪くなかった、
それどころか、順調そのもので動いた・・・中略?・・・

そして
十四年経った今このタイプは
まだ動いているが
俺はエラクなってしまって
電動タイプライターを買って
今はそれを使っている
それは早く打てる
(たとえ、前より調子はよくなくても)(P.266‐267)
posted by raycy at 07:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101702687
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

連続してキーを「ダダダダッと押す」本意入力行為、、それを促す欲求。いや待て、機械の都合が、、
Excerpt: http://kazuyukik.at.webry.info/200502/article_41.html#comment 「毎パソ大会:全国で子供たちの熱いたたかい」(毎日新聞) (自称)アクティブ..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2008-06-29 11:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。