2009年07月20日

爆笑問題のニッポンの教養 生物が生物である理由 分子生物学 太田光、田中裕二、 福岡伸一

爆笑問題のニッポンの教養 生物が生物である理由 分子生物学 (爆笑問題のニッポンの教養 11) 太田 光、田中 裕二、 福岡 伸一 (新書 - 2008/1/11)

摂取の半分は外部仕事に、半分は自身のからだの生体材料に。
細胞レベルで、死ぬ野に追い抜かれぬように、生まれる。

先回り廃棄保守点検なのか、死んだ分を交換しているのか、、
posted by raycy at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。