2008年07月03日

日本の本領(そこぢから)―国際派商社マンの辛口メモ (彩ブックス) 泉幸男

日本の本領日本の本領(そこぢから)―国際派商社マンの辛口メモ (彩ブックス)@amazon(そこぢから)―国際派商社マンの辛口メモ (彩ブックス) 泉 幸男 (単行本 - 2006/9)
序章 歴史のひだに分け入る
第1章 天皇の本業
第2章 ぐいぐい分かる日本史
第3章 ファウルとエラーつづきの言語政策だが
  • 「法人名用漢字」「地名用漢字」の怪 84
    • (小見出しなし)
       現在、子供の名づけに使える漢字は「常用漢字」一九四五字と「人名用漢字」七七八字の合計二七二三字だ。
       正確に言うと、さらにそれ以外に「真」に対する「眞」、「仏」に対する「佛」のような正字体も二〇五字、なぜか人名用漢字に指定されている。
       これらの正字体は、「昭和二十一年告示の当用漢字表ではその字体だったから」という、役所でしか通らない理屈でもって、昭和五十六年十月一日に突如として「人名用漢字許容字体」に指定され、平成十六年九月二十七日に「人名用漢字」に格上げされた。
       ・・・・・・ ・・・その理由を知ってギャフンだ。・・・
       とまあ、そういう理由なんだそうです。(P.84‐85)

       ちなみに、韓国で・・・
       以後、韓国では人名用漢字は段階的に増やされ、直近の平成十七年一月一日の追加でもってついに五〇三八字に達している。
       ・・・・・・とまあそういうわけである。(P.86)
    • 【平成十六年七月二十六日配信】
      • 霞ヶ関の怪
      • 他者に飛び火する漢字議論
      • 厚生労働省漢字
      • 「まちおこし」でとんでもない字を使われてはたまらん・・・・・・

       ・・・・・・申し訳ありません。ぜんぶ、うそです。
       ひょっとしたらありそうですが、経済産業省・厚生労働省・国土交通省のくだりは、ぜんぶ嘘。
       作り話までして、なにが言いたいかと言えば、「人名に使う漢字」を規制することそのものが壮大なコメディー(喜劇)であると言いたいのです。

    • はやりの自己責任ですが
    • 半世紀前の思想に引きずられることの恥辱

  • 納得のいく「古文」の授業 97
  • ホントの「英語公用化」論はこれだ 105

第4章 独立させたいけどさせられない沖縄
第5章 東アジア共同体と台湾
第6章 憲法は国の仕組みをはっきり語れ
第7章 道州制より府県合併だ
第8章 少子化対策に、こう取り組め
第9章 米紙におくった反論投書
特別篇 対談「常識の回復」
posted by raycy at 08:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イノベーションの達人!―発想する会社をつくる10の人材 トム ケリー、ジョナサン リットマン、Tom Kelley、 Jonathan Littman

イノベーションの達人!―発想する会社をつくる10の人材イノベーションの達人!―発想する会社をつくる10の人材@amazon トム ケリー、ジョナサン リットマン、Tom Kelley、 Jonathan Littman (単行本 - 2006/6)
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/111242.html
イノベーションの達人!:ハヤカワ・オンライン:
イノベーションはチームプレーだ!必要なのは1人の天才ではなく、あなたのまわりのこんな10人。
  • 情報収集をするキャラクター
    1. 人類学者:観察する人
    2. 実験者:プロトタイプを作成し改善点を見つける人
    3. 花粉の運び手:異なる分野の要素を導入する人
  • 実現に向けたしくみを構築するキャラクター
    1. ハードル選手:障害物を乗り越える人
    2. コラボレーター:横断的な解決法を生み出す人
    3. 監督:人材を集め、調整する人
  • イノベーションを実現するキャラクター
    1. 経験デザイナー:説得力のある顧客体験を提供する人
    2. 舞台装置家:最高の環境を整える人
    3. 介護人:理想的なサービスを提供する人
    4. 語り部:ブランドを培う人

徹底した情報収集、迅速なプロトタイプ作成、効果的なブレインストーミング……前作『発想する会社!』で公開されたデザイン・ファームIDEOの「イノベーションの技法」は世間を驚かせた。何よりも、クリエイティブな刺激に満ちた企業文化はすべてのビジネスマンにとって羨望に値するものだったに違いない。本作では、その企業文化を支えるヒューマン・ファクターに注目し、ホットなチームに必要な要素に10の顔を与えている。これらすべてを備えたチームこそがイノベーションを実現させ、そしてそれを継続することのできる柔軟な企業文化をつくるのだ。斬新な製品やサービスのデザインによって高い評価を受け、世界中の一流企業をクライアントに持つIDEO。その輝かしい経験と実績にもとづいた人材論がいよいよ明かされる。カラー写真多数掲載。
posted by raycy at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。