2008年05月06日

船場道修町―薬・商い・学の町 三島佑一

船場道修町―薬・商い・学の町 三島 佑一@amazon (- - 1990/7)
最初の洋名売薬ウルユス

 ウルユスを緩下剤なりとする説は、必ずしも妥当でない。(調剤学 清水藤太郎)(P.91)

ULUUS 小学館「幕末・明治KANBAN展」表紙より( P.90)
ULUUS ウルユスの箱の表書き(P.92)

「回斯篤児(ヘストル、三島佑一による振り仮名?)(外包の写し)」(松浦静山著『甲子夜話』続篇巻五十七、1831年頃)
Haaster 大島蘭三郎 出島蘭館医のリスト
ヘーストル Haaster説(医史学 小川鼎三)

田中香涯「江戸時代の売薬」
マアストカートル(蚊取器)、オストデール(万年糊)(平賀源内)


かすかにだいおう大黄のにおいのする下剤であったようである。

表紙に選ばれたウルユスの看板は、その後偽者が法外な値段で出るようになった。
 ------------
参考文献
清水藤太郎「日本薬学史」南山堂 昭和24
森 斧水「開化売薬奇談ウルユスの話」黒船 15巻2号 昭和13.2
田中香涯「江戸時代の売薬‐ウルユス」黒船 15巻2号 昭和13.2
小川鼎三「ウルユスの話」(医学用語の起こり)CREATA 14号 昭和44.6
山崎 佐「ウルユス雑稿」日本医事新報 700号 昭和11.2.8
平安堂閑話「ウルユス」薬局 22巻6号 昭和47
大島蘭三郎「出島蘭館医リスト」日本医史雑誌 10巻 昭和37.5
posted by raycy at 10:56| Comment(0) | TrackBack(5) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。