2008年04月22日

中上健次全発言―1970~1978

中上健次全発言@amazon―1970~1978 (1978年) 中上健次
集英社 昭和53年10月10日発行 初版本 カバー
四六判丸背上製 本文二段組462頁

●昭和45年、中上健次23歳の初の座談会から9年間の座談・鼎談・対談を収。
 「戦後文学の流れから」秋山駿/田久保英夫/上総英郎
 「闇の力−ディオニソスを求めて」小川国夫
 「痩せたソクラテスより太った豚になれ」三上寛
 「剥き出しにした生きざまを書く」佐木隆三/秋山駿
 「次代の書き手はどこにいるか」
   岡松和夫/岡田睦/高橋昌男/高橋三千綱/立松和平/秋山駿
 「人間−土に還るもの」深沢七郎
 「文学と死をみつめて」藤枝静男
 「出よ、大犯罪小説」中村雄二郎/秋山駿
 「話題の写真をめぐって」中平卓馬/渡辺勉/中村立行
 「土と〈マレビト〉」黒田喜夫
 「われらが太宰治」長谷川和彦/三上寛/正津勉
 「青春とは通り魔だったか」なだいなだ
 「歌え、歌は力だ」宇崎竜童
 「小説家の覚悟」古屋健三
 「俺達の舟は、動かぬ霧の中を、纜を解いて、」村上龍
 「市民にひそむ差別心理」野間宏/安岡章太郎
 「歴史をつかむということ」安岡章太郎
 「風土を見る目」島尾敏雄
 「文学の現在を問う」柄谷行人

「痩せたソクラテスより太った豚になれ」三上寛
□十九歳、恋に恋して男になる頃□
三上 俺、高校のときに女に惚れていたんだけれども、ずいぶん頭の訓練になったね。彼女はああ考えているんじゃないか、いや、こうだろう――。で、思考力の形が叩き上げられる。
中上 学校の勉強より有効な頭の訓練だよ。恋に恋するときの男って、あらゆる手段を尽くすだろう。好きな女が「痩せた男がいいわ」というのを耳にしたら二ヵ月でも食わないみたいな。(笑)
三上 その時こそ、たったひとりの女のために、人生が大きく変わる。
中上 具体的事実を言いなさい。(笑)
三上 東京に家出するとき、女にフラれた。(笑)いつかギャフンとまではいかなくても、俺がやることを見せてやろうと……。これがずいぶん動力になったね。

□「筆で死んでやる」魂□
……
三上 レコードは出してるけど あれは貧乏したくない、ある程度の生活をしたいだけ。
中上 歌心は一回限り、つまり〈いま生きればいい〉んだ。僕は〈俺の世界に入ってきてみろ。絶対にはなさないぞ〉。僕は密室じゃなく、いつも喫茶店で書いている。つまりライブなんだ。……
三上 俺は近頃、歌が出来る瞬間というものは、小さな奇跡じゃないかと思う。作る努力以前の何かがある。すごい壮絶な理由があると思う。
中上 それは本当だね。・・・・・・
三上 どこかへ帰っていく……。その帰ろうとする意識の途中で歌ができ、女と寝て、酒を飲む。
中上 ……「肉体を使う仕事でしか男は飯を食えない」・・・・・・
 むかし東大総長が言ったね。「太った豚になるよりも、痩せたソクラテスになれ」って。冗談言ってはいけない。太った豚で結構だ。豚になれ。またある記者が聞いたんだ。小説を書くには才能がいるでしょうって。僕は言ったんだ。「いいえ、小説は体力で書くものです」って。
三上 いい言葉だ。
posted by raycy at 19:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

統計物理学の周辺 戸田盛和 小暮陽三

統計物理学の周辺@amazon (1972年) 戸田 盛和 小暮 陽三
posted by raycy at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知るということ―認識学序説 (認知科学選書) 渡辺慧

知るということ@amazon―認識学序説 (認知科学選書) 渡辺 慧 (- - 1986/6)
エントロピーの増加というのは、1つの系に入ってくる熱の量をその入ったときの絶対温度で割ったもの、というふうに定義されるのです。これを原子論的に解釈すると−Σpi log(pi/qi)という形になります。こういうことを言いだしたのはギッブス(Gibbs、1902)とかボルツマン(Boltzmann、1896)という人たちで、これは19世紀の終わりごろです。(P.90)

対数的エントロピー
 普通は、系に1からnまでの状態があり、それらの確率がp1、p2、……、pである場合に、次のように定義します。
  S=−Σpi log pi
 これは対数的エントロピーです。

多項式型エントロピー
  T=1−Σpi2=Σpi


それから1からnまでの場合があるときに、2つのエントロピー分布を比較するのに役立つのは、いろいろな条件付きエントロピー(比較エントロピーといってもいいと思います)です。対数的な場合には、その比較エントロピーというものは
  V=−Σpi log(pi/qi
と、こんどはpとqを入れ替えて、それをVに加える。それがWであります。すなわち
  W=V(p、q)+V(q、p) ただしV(p、q)は上のV


 先ほどの多項式型エントロピーの方でWに対応するものはU関数というものです。
  U=−Σ(pi−p2

 実際にパターン認識の問題を解く場合には、、多項式型エントロピーを使った方がうまくいくことがしばしばあるのですが、(P.101)
posted by raycy at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミクロコスモスへの挑戦 (ヒューマンサイエンス (1)) 石井 威望

ミクロコスモスへの挑戦@amazon (ヒューマンサイエンス (1)) 石井 威望 (- - 1984/10)
●諸科学の融合的視野をふまえて、新時代の「人間の科学」を総説する

* 情報的世界観と人間 / 石井威望
* ホロンとしての人間 / 清水博
* 人間とはなにか / 小林登
* 生命と過程 / 相沢洋二
* 生物界をどう捉えるか / 寺本英・山口昌哉
* 科学で人間は判ったか / 村上陽一郎
* 物質の科学・生命の科学 / 渡辺慧・清水博

* 生物界をどう捉えるか / 寺本英・山口昌哉

マルサス(1798)の「人口論」 ダーウィン(1859)の「種の起源」 メンデル(1865)の遺伝法則

図1 数理生物学の系譜
posted by raycy at 12:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対談 年譜・著作目録 (湯川秀樹著作集)

対談 年譜・著作目録 @amazon(湯川秀樹著作集) 湯川 秀樹 渡辺 慧 (単行本 - 1990/1)
■「BOOK」データベースより
現代を生きること(梅棹忠夫)
人間とサルと素粒子(宮地伝三郎)
思索について(谷川徹三)
自然と社会(大塚久雄)
生命と人間(渡辺格)
中国の学問と科学精神(吉川幸次郎)
少年時代の読書―『三国志』『水滸伝』『西遊記』(小川環樹)
日本人の原型を探る(司馬遼太郎)
科学と価値(江上不二夫)
進歩の思想について(桑原武夫)
科学と芸術(加藤周一)
人間のおもしろさ(梅原猛)
まとめるということ(渡辺慧)
二人が学生だったころ(朝永振一郎)
年譜
著作目録

まとめるということ(渡辺慧)
湯川 ……寺田研でどういうことを研究しておられた
渡辺 たどんの燃え方だとか割れ目だとか……。
湯川 ……理屈はついたんですか。
渡辺 ……一時間兵隊になったんです。……燃料の研究をしていますといったら、それは国家の為大事じゃから、研究室へ帰って勉強せいといって、すぐ追い返された。(笑)
湯川 たどんの研究もばかにならん。
渡辺 大変役に立ちました。

渡辺 ……カエルの眼神経を調べてみると、目から頭にくる視神経が幾種類かあるんですが、その一種類は目の前に小さな黒いものがぐるぐる動いているとき(即ち蚊の様なものが見えた時)だけ電気的シグナルを送るように出来ているんですよ。われわれの観念からすると、とても複雑な形容詞でしょう。それが直接シグナルになって出てくる。生命に直接関係があるから、そういうものが直接見えるわけです。
湯川 それは必要だからそういう特殊なまとまったものがパッと出てくるようになっている。まさにそうだと思うね。
posted by raycy at 12:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。