2008年04月20日

『世渡りの道』 新渡戸稲造

自分をもっと深く掘れ!―現代語で読む最高の名著『世渡りの道』自分をもっと深く掘れ!―名著『世渡りの道』を読む (知的生きかた文庫)@amazon 新渡戸 稲造

世渡りの道 新渡戸稻造著 -- 實業之日本社, 1912.10, 6, 14, 584p.
posted by raycy at 15:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイケル・ファラデー―天才科学者の軌跡 (科学のとびら) J.M. トーマス、J.M. Thomas、千原秀昭、 黒田玲子

マイケル・ファラデ@amazonー―天才科学者の軌跡 (科学のとびら) J.M. トーマス、J.M. Thomas、千原 秀昭、 黒田 玲子 (単行本(ソフトカバー) - 1994/12)
リーボー氏の走り使い
製本の見習工 製本を命じられた本を読む機会
大英百科事典 電気の項
マーセット ディービーの講演の聴衆のために刊行 化学対話 製本しながら読んだ
アイザック・ワッツ 心の高揚 自己向上のための指針「雑記帖」(common place book)アイディア、観察した事実、引用、浮かんだ疑問点など
《学芸に関係のある通知、できごと、行事などの記録集。新聞、雑誌、解説、などから集める。楽しみでもあるし、勉強にもなると思う。科学の世界でつぎつぎに出される学説を確かめたり否定したりするのもいいだろう》
posted by raycy at 15:26| Comment(0) | TrackBack(2) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社会思想家評伝 河合栄治郎

社会思想家評伝@amazon (1940年) 河合 栄治郎 (- - 1940)
第二篇 ジョン・スチュアート・ミル
 功利主義の道徳哲学 最大多数の最大幸福を図る 善 目的
「誰を」:最大多数
「何を」:彼らの「幸福」(快楽と同じ)

所が「内的歴史に於ける危機」経過後 変化

此の以後彼の生存の目的は、自己以外の最大多数の幸福を図ることではなくて、自己の人間としての成長が、目的として置き換えられた。

 善が幸福(快楽)でなくて、人間としての成長にあるとすれば、功利主義ではなくて理想主義である。

 而して優れたる快楽を求める者は、たとえ之を満足しえずとしても好ましく、劣れる快楽を求めるものは満足しえた場合でも好ましからず、「まんぞくしたる豚たらんよりも、不満足の人たらん方がよく、満足したる人たらんよりも、不満足なるソクラテスたらん方より善し」という有名な言葉を述べた。然し善とは何かと問われて何々の快楽と答えるのが功利主義であるのに、快楽の中に善悪の区別を設けるのは、問に答うるに問をもってする循環論法の謗りを免れない。理想主義を採りながら功利主義を清算しえず、功利主義を採りながら理想主義を援用する矛盾が此の中に窺われる。
posted by raycy at 10:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社会思想史要綱 大河内一男

社会思想史要綱@amazon
大河内一男著 -- 青林書院新社, 1962.4, 295p. -- (青林全書)
大河内一男著 -- 青林書院, 1957.12, 295p. -- (青林全書)
いわゆる「内面の危機」
目的
手段
ヘンタムへの懐疑 功利思想に対する修正の努力
河合栄治郎 社会思想家評伝
「快楽」と「苦痛」が、人間行動の唯一の原理 だがいまや漸く変化が起こった。
「快楽」と「苦痛」とについて、量の差異 質の差異
従来のブールジョワ的平等主義と自由放任の中から一歩踏み出して、「社会改良」にとっての何らかの余地を功利思想の中へ持ち込もうとした
それは「満ちたりた豚」の低い快楽よりも「痩せたソクラテス」の高貴な快楽を上位に置こうとしたのである。これは社会改良の余地を功利主義の枠の中に求めようとしたミルの良心的態度の現れではあったが、危険もまた、そこに隠されていた。何故なら、(P.185)
posted by raycy at 09:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。