2008年03月15日

科学と臆説 / ポアンカレ−著

科学と臆説 / ポアンカレ−著他,大倉書店, 明42.12
第八章 「エネルギー」と熱力学
第十一章 「確からしさ」の理論即ち公算論
posted by raycy at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実験及ビ理論物理学. 熱学 / 森総之助著

実験及ビ理論物理学. 熱学 / 森総之助著. - 15版,積善館, 大正5
エネルギーの変衰(dissipation of energy; Zerstreuung der Energie, f)
posted by raycy at 20:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

物理学的勢力不滅論 本多光太郎

物理学的勢力不滅論 本多光太郎 1907
物理学的勢力不滅論 / 本多光太郎著,内田老鶴圃, 明40.4

http://kindai.ndl.go.jp/index.html
近代デジタルライブラリー | 国立国会図書館
posted by raycy at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

地球環境概論 アーカイブ EcoGIS 厳研

http://ecogis.sfc.keio.ac.jp/ecolog/
EcoGIS 厳研 厳  網林(ゲン モウリン)
http://ecogis.sfc.keio.ac.jp/lectures/cat57/cat55/
Lectures: 地球環境概論 アーカイブ
http://ecogis.sfc.keio.ac.jp/lectures/2006/07/13.html
Lectures: 第14回 持続可能な発展を目指して(選択)

持続可能な発展の定義
http://www.rrr.gr.jp/iso/ogawa/papercon.htmより抜粋

環境容量と人口との関係のパターン

過小に評価された自然の価値
地球のエコシステムサービスの価値

甘口ワイン・辛口ワインのことを思い出して
資源を食べつくして滅びた甘口ワイン
自分の排泄物であるアルコール(エントロピー)に毒され滅びた甘口ワイン
問題はワインボトルに物質が循環されていないからである。

環境社会 環境のわざ 自然への再投資 文明伝承の場 自然を敬う心

エコシステムの観測の原理:緑色植物の反射特性と光合成
光合成に有効な波長域のエネルギーは吸収される。
光合成に役に立たない波長域のエネルギーは反射される。
緑色植物は、青と赤を吸収し、緑と近赤外を反射する仕組みとなっている。
posted by raycy at 22:17| Comment(0) | TrackBack(2) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

エコロジーの経済理論―物質循環論の基礎 鷲田豊明

エコロジーの経済理論@amazon―物質循環論の基礎 鷲田 豊明 (- - 1994/7)
http://washida.net/book/book.html
著書全文公開 鷲田研究室
posted by raycy at 23:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

分子生物学の誕生―奇跡の年1953年 (細胞工学別冊) 鈴木 理

分子生物学の誕生分子生物学の誕生―奇跡の年1953年〈下〉 (細胞工学別冊)@amazon―奇跡の年1953年 (細胞工学別冊) 鈴木 理 (大型本 - 2006/9)
核分裂の連鎖反応(正のフィードバック)
シラード 原子爆弾 パテント (上巻 P.125)

カール・ポパー「果てしなき探求」・・・”シラードやブリルアンの議論は誤り” (上巻 P.125-126)

図2シュレディンガーへのベルーツの批判(上巻 P.147)

乱雑さを示すエントロピーに”負”をつけた”秩序”という物理量そのものは、シュレディンガーの発明というわけではない。マッハからボルツマンを経て発展的に受け継がれてきたものである(図5)。(上巻 P.147)

エントロピー対自由エネルギー(上巻 P.147)

マッハボルツマンシュレディンガー
エネルギーが自由エネルギーエクセルギーだったら満点

図5、3人の物理学者の生命観(上巻 P.148)
ドリーシュ エンテレヒー(上巻 P.148)

 それではなぜシュレディンガーは”エントロピー”を引っ込めなかったのか?
ギブスの自由エネルギーには過程の制約(37℃ あるいは20℃ 等温、定圧)
私は、シュレディンガーがエントロピーという言葉で表現したのは、厳密な意味でのΔSではなく、”時の矢”の方向を決める物理量本体のことで、それは条件に束縛されない、普遍的な意味での自由エネルギーに相当する概念だったと思う(こんな物理量はいまだに定義されていない)。(上巻 P.148)
posted by raycy at 19:05| Comment(0) | TrackBack(3) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

インテリジェンス人間論 佐藤優

インテリジェンス人間論インテリジェンス人間論@amazon 佐藤 優 (単行本 - 2007/12)
怖い人柄の小渕

「Q(語録)資料」
ユダの福音書
エイレナイオス

posted by raycy at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

確率・情報・エントロピー 有本卓

確率・情報・エントロピー確率・情報・エントロピー POD版@amazon 有本 卓 (単行本 - 1980/11)
大数の法則とエントロピー
ジャック・ベルヌーイ『推測術』

伊藤清
posted by raycy at 14:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エントロピー 藤田祐幸、槌田敦、 村上寛人

エントロピー@amazon 藤田 祐幸、槌田 敦、 村上 寛人 (単行本 - 1985/2)
熱のエントロピー
物のエントロピー
エントロピーは「汚れ」
雑巾効果
甘口ワインと辛口ワイン

関係の関係
ガリレオの変節
近代合理主義とデカルト
ゲルシュタット心理学者たち『部分の総和は全部であって、全体ではない。』

能率と効率
posted by raycy at 14:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

はじめて読む物理学の歴史 安孫子誠也、岡本拓司、小林昭三、 田中一郎

はじめて読む物理学の歴史はじめて読む物理学の歴史@amazon 安孫子 誠也、岡本 拓司、小林 昭三、 田中 一郎 (単行本(ソフトカバー) - 2007/3/22)
posted by raycy at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近代日本の社会経済学 八木紀一郎

近代日本の社会経済学近代日本の社会経済学@amazon 八木 紀一郎 (- - 1999/5)
posted by raycy at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熱力学および統計力学 アーノルド・ゾンマーフェルト著 ; 大野鑑子訳

熱力学および統計力学@amazon  アーノルド・ゾンマーフェルト著 ; 大野鑑子訳 -- 講談社, 1969.11, 7, 8, 408, 6p. -- (ゾンマーフェルト理論物理学講座 ; 5)
 第W章はこの本での統計力学的な考察の頂点をなすものである。私見では、Boltzmannの重率を数え上げる方法(Abzãhlungsmethode)は(少なくとも今のところ)定常状態にしか適用できないとは言え、そのライバルであるBoltzmannの衝突方程式を使う動力学的は方法より、その実り多さと大膽さにおいて勝っている。
・・・付随してくる欠点は§32〜35で量子力学による離散的なエネルギー値を導入して取り除く。・・・(P.2)
 最初から状態を厳密な量子統計力学で扱わずに、疑いもなく古めかしい粒子のBoltzmann統計から話を始めたことについて、ここでお詫びをしておく必要があろう。こうした理由はまったく教育上の見地からである。元来のBoltzmann統計法はすでに多くの成果を挙げてきたし、また極めて見通しが良いためさらに新しい状態の統計を理解するためには不可欠の基礎になると思う。(P.3)

Abzãhlungsmethode、Permutabilitãt
枚挙法、可置換数(P.7)
posted by raycy at 10:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分で考える (1967年) 大河内一男

自分で考える (1967年) @amazon大河内 一男
ケンブリッジ オックスフォード
この二つの旧い大学は、もう何百年もまえから、学問の府ではなく、いかにして「支配する」(govern)かを会得させる場所だといわれているくらいだが、(P.143)

アダム・スミスは『国富論』(一七七六年)の中で、このイギリス第一の旧い大学は、「もう久しい間、学問をすることを止めてしまっているように見える」と批評しているが、(P.143)

・・・・・・奨学金などをもらって卒業したものは、やばり番外におとされる。だから、結局、家柄がよく、資産のゆたかな家の子弟だけが、大学の門を通過して、イギリスの支配層の中に入ってゆくのである。アダム・スミスはスネル基金のお陰で、やっと、オックスフォードを出たくらいだから、この古典経済学の始祖は、イギリス支配階級の仲間入りはできなかったことになる。(p.144)
posted by raycy at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

環境学講義―環境対策の光と影 瀬戸昌之

環境学講義@amazon―環境対策の光と影 瀬戸 昌之環境学講義―環境対策の光と影@amazon (単行本 - 2002/10)


取り込み排泄
酸素
食物(乾量)
640g
640g
二酸化炭素
糞(乾量)
880g
40g
飲み水、食物水1700ml糞尿、汗、呼気の水分2060ml

  
図1.1 人が動物として生きるときの物質のとりこみ量と排出量(1成人、1日当り)

体重五十キログラムの成人は毎日約二四〇〇キロカロリーを必要とする。人はデンプン一グラム(乾量)から約四キロカロリーのエネルギーを得るから、デンプンの必要量は毎日約六〇〇グラム(乾量)となる。この六〇〇グラムのデンプンはたとえば約六四〇グラム(乾量)のコメや小麦粉などに含まれる。

非科学者「信じたがる脳」(Park 2000)

最大持続生産量(Maximum Sustainable Yield MSY)(P.163)
posted by raycy at 10:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空間―機能から様相へ 原広司

空間―機能から様相へ空間〈機能から様相へ〉 (岩波現代文庫 学術 190)@amazon 原 広司 (- - 1987/3)(文庫 - 2007/12)
posted by raycy at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行動理論史 (岩波全書セレクション) 南博

行動理論史行動理論史 (岩波全書セレクション)@amazon (岩波全書セレクション) 南 博 (単行本 - 2007/11)
posted by raycy at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西田幾多郎 ―歴史の論理学 (再発見日本の哲学) 荒谷大輔

西田幾多郎 ―歴史の論理学西田幾多郎 ―歴史の論理学 (再発見日本の哲学)@amazon (再発見日本の哲学) 荒谷 大輔 (単行本 - 2008/1/22)
posted by raycy at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネイチャーズ・エコノミー―エコロジー思想史 ドナルド オースター、中山茂、吉田忠、 成定薫

ネイチャーズ・エコノミ@amazonー―エコロジー思想史 ドナルド オースター、中山 茂、吉田 忠、 成定 薫 (単行本 - 1989/11)
 ・・・1980年代前半、わが国では環境問題についての関心はすっかりしたびになっていた。・・・社会的なサポートの衰退・・・
 ところが、1980年代も終わろうとする頃、突然、「環境」への関心が復活した。昨年(1988年)から今年にかけて、マスコミ、ジャーナリズムでは地球温暖化、酸性雨、フロンガスによるオゾン層の破壊、熱帯雨林の破壊、砂漠化といった環境問題が日夜報道され、熱っぽく議論されている。このような風潮はそれ自体歓迎すべきこととはいえ、「環境フィーヴァー」の再来そのものについては、その政治的・思想的背景の分析が必要かとも思われる。それはともかく、・・・(P.425-426 成定薫 訳者あとがき2 1989年)
posted by raycy at 10:24| Comment(0) | TrackBack(2) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

フライパンでいいんだよーん―譚さんの中国料理 譚彦彬

フライパンでいいんだよーん―譚さんの中国料理商品の詳細@amazon 譚 彦彬 (単行本 - 2002/10)
家庭のガス台と火力なら、中国料理もフライパンのほうがいい。そのためには……
家庭ではもう中華鍋はいらない。フライパンでいい!
 お約束1「素材に火を通しておく」
    2「たれを先に合わせておく」
    3「にんにくを最初によく炒める」これで味が決まる
    4「肉や魚には下味つけ」
    5「最後に油をジュッ」
posted by raycy at 15:47| Comment(0) | TrackBack(2) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。