2008年03月29日

はじめての化学熱力学 菅宏

はじめての化学熱力学はじめての化学熱力学@amazon 菅 宏 (単行本(ソフトカバー) - 1999/5)
分子のもっとも確からしい分布についてこれ以上の考察を進めるためには、ある重要な仮設[仮説?]をおかなければならない。すなわち、”与えられた条件(たとえば、系の全エネルギーE=一定 など)のもとで、可能な微視的状態はすべて等確率で実現する”というものである。自然は特定の状態に対して、なんの’えこひいき依怙贔屓’もしないことを主張するこの等確率の原理は、サイコロのどの目が出る確率も等しく1/6であることを前提にしてゲームを楽しむのと同じように合理的に思えるが、直接的に証明することはできない。その正当性は、すべてそこから導かれる結論が観測事実と一致するか否かにかかっている。(P.125)
posted by raycy at 11:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

文法的人間―Information,entropy,language,and life 中島健

文法的人間@amazon―Information,entropy,language,and life (1984年) 中島 健 (- - 1984/12)
形相
プラトン
アリストテレス
アリストテレスの「情報理論」(P.420)
posted by raycy at 08:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

環境微生物学入門―人間を支えるミクロの生物 瀬戸昌之

環境微生物学入門環境微生物学入門―人間を支えるミクロの生物@amazon―人間を支えるミクロの生物 瀬戸 昌之 (単行本 - 2006/9)
従属栄養微生物のバイオマス

 なお、生物圏のバイオマスは一兆8000億t(乾量)程度とされ、90%以上は樹木のバイオマスである。このうち、大部分は死んだ木質部分であり、生きている葉や形成層はせいぜい10%程度である。したがって、生物圏の生きている樹木の全バイオマスは従属栄養微生物のバイオマスと同程度となる。また、生物圏における大型動物の全バイオマスの大部分は家畜とヒトであり、野生動物はきわめてわずかである。

生物圏のすべての従属栄養微生物 生量5000億t、乾量1000億t
家畜 生量12億t、乾量
ヒト60億人 生量3億t、乾量(P.14)
posted by raycy at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生態系―人間存在を支える生物システム 瀬戸昌之

生態系@amazon―人間存在を支える生物システム (有斐閣ブックス) 瀬戸 昌之 (- - 1992/4)
セレンゲティにおけるイネ科植物に対する2種の草食動物の関与

ウシカモシカに摂食されずに成熟した植物と比べ、摂食の後に回復した植物はその密度や栄養価、そして消化率がはるかに優れているからであった。このことは、草原生態系のガゼールに対するMSYはウシカモシカによって高められることを示唆する。(P.168)
posted by raycy at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

氷の世界 井上陽水

氷の世界氷の世界@amazon 井上陽水
posted by raycy at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

物性科学のすすめ 近角聡信

物性科学のすすめ@amazon 近角 聡信 (単行本 - 1977/1)
6章 マクロな量子現象(P.91 中嶋貞雄)
熱運動と零点運動 (P.91 中嶋貞雄)

量子力学がニュートン力学と本質的に違う点は、力学系のエネルギーが最低値をとる状態でも、一般に運動が存在することであって、これを零点運動と呼ぶ。(P.93 中嶋貞雄)
posted by raycy at 00:20| Comment(0) | TrackBack(2) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論 (新曜社認知科学選書) ドナルド・A. ノーマン、野島久雄、 D.A. ノーマン

誰のためのデザイン?商品の詳細@amazon―認知科学者のデザイン原論 (新曜社認知科学選書) ドナルド・A. ノーマン、野島 久雄、 D.A. ノーマン (単行本 - 1990/2)
 このアルファベット順の配列が変わったのはどうしてだろうか。それは機械上の問題に対処するためである。タイピストが速く打ちすぎると、・・・・・・。それを解決するためにキーの位置が変更された、たとえば、iやeのような文字は・・・タイプライターの中で反対側に位置するように配置された。(P.237)

少なくともアルファベット順になっていれば学習しやすいのではないだろうか?いやいや、そうではない6。文字は何列かにわけて配置されるのだから、単にアルファベットを知っていればよいというわけではないのだ。どこでその列が終わっているかがわかっていなければならない。・・・よく使う文字がすぐ見つかるところにならんでいた方が幸せだろう。まさにqwertyキーボードはそうなっている。(P.241-242)

 タイプ速度もだいたい10%は速くなる、しかし、その程度の改善ではキーボードの世界における革命を断行するだけの価値があるとはいえない、・・・。現在実際に行われているということ自体が強い制約となって、変化を妨げるのである。その変化が改良につながるものであっても7。(p.242)

4 この話しはもっともらしいけれども、キーの配置がこの話しと完全に合っているわけではない。たしかに、@とeはよく使われるペアであり、遠い場所に置かれている。しかし、同じようによく使われるペアについてはどうだろう。たとえば、eとr、あるいは、iとnとg、それにTypewriterという単語を作っている文字がみんな上段にあるのはどうも謎めいている。何か他の制約もあるのではないだろうか。世界中のほとんどあらゆる国で、qwertyと似たようなキーボードを使っている。違いもある。たとえばフランスでは、qとwをaとzにおきかえて、”azerty”としているが、変更はきわめて些細なものにとどまっている。言語が異なれば文字の使用パターンも異なってくるので、英語に基づいて作られたキーボードは、英語以外の言語ではうまくないだろうということは考えられる。(→237)(P.378-379)

6 フィッシャー(Fisher)と私は、さまざまなキーボードの配列を検討した。私たちは、初心者にとってはアルファベット順に並べられたキーがいいのではないかと思っていた。しかし、そうではなかった。アフファベットについての知識はキーを見いだすのには役に立たないことがわかった。アフファベット順のキーボードとドボラク式キーボードについての私たちの研究は Human Factor 誌に掲載されている(Norman & Fisher,1982)。(→240)(P.379)

7 ドボラク式キーボード派の人たちは改善は10%どころではないし、学習も早く疲れも少ないと文句をつけるだろう。しかし、私は自分の研究の結果と主張は変えない。これについてやタイプライターの歴史についての優れた記述などに関してもっと知りたければ、クーパー(Cooper、1983)が編集した Cognitive aspects of skilled typewritingをすすめる。これには私の研究室でおこなわれた研究に関するいくつかの章がある。(→242)(P.379)

posted by raycy at 23:05| Comment(0) | TrackBack(9) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

確率論の基礎 伊藤清

確率論の基礎@amazon 伊藤 清確率論の基礎@amazon (単行本 - 2004/5)
ルクレチウス 池田信行
posted by raycy at 16:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エントロピーの科学 (新コロナシリーズ) 細野敏夫

エントロピーの科学@amazon (新コロナシリーズ) 細野 敏夫 (単行本 - 1991/7)
絶対零度のエントロピー・・・残留エントロピー(P.97)
posted by raycy at 15:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

入門統計解析 医学・自然科学編 松原望

入門統計解析入門統計解析 医学・自然科学編@amazon 医学・自然科学編 松原 望 (単行本 - 2007/10)
コラム@ 平均・分散・標準偏差
■多くの人は平均を中心と考える
 平均は「中心」ではなく、「重心」に当る。
■かならず平均より大きい値と小さい値がある
 (’みんながんばって平均より上の点をとりましょう’と励ましたという先生の笑い話があるが、激励が不可能を求めてはいけない)(P.15)

posted by raycy at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

計量社会科学 松原望

計量社会科学@amazon 松原 望@amazon (単行本(ソフトカバー) - 1997/3)
 しかし、’probable’はもともと法律用語であって、「本当らしさ」「正しさ」「証明可能」を意味している。’被疑者を釈放できる’probable causeといえば、釈放してよいと誰もが判断できる事由を意味する。数や数字になったのは歴史的にはその後のことである。
probabilityはprobe(to prove)+able+ityの語源的構成を持っている。
 ・・・’本当’’正しさ’’証明’の程度を完全に数値化できるとは思われない。経済学者M.ケインズの最初の著書がTreatise on Probabilityであった・・・(P.71)

パレート最善(P.234)

バンヤン『天路歴程』(P.246)
posted by raycy at 15:03| Comment(0) | TrackBack(2) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新しいシステム工学入門―しなやかなシステムズアプローチ (新OHM文庫) 椹木義一、中森義輝、 中山弘隆

新しいシステム工学入門@amazon―しなやかなシステムズアプローチ (新OHM文庫) 椹木 義一、中森 義輝、 中山 弘隆 (単行本 - 1988/1)
大規模で複雑なシステムの問題解決に有効な新しい考え方と手法を解説!
著者とオリジナルである"しなやかなモデリング"と"しなやかな意志決定"をやさしく解く!
目次
■「BOOK」データベースより
1章 しなやかなシステムズアプローチ(システムズアプローチとは;真のエキスパートシステムを目指す)
1.6 自己組織現象のよさの利用
・・・われわれはこれに注目しなければならないし、また、これをいかにしてうまく実現するかに精魂を傾けなければならない。・・・われわれの永久に範とすべき姿であろう。(P.9)
 ・・・・・・
 しかもこの現象は、非線形フィードバックのある系において、ある条件下でシステム内部に過渡的に不安定性を発生させることが原因となって現れる、いくつかの定常状態のうちのどれかを自発的に選択してゆくすばらしい自己組織化の現象である。(P.9-10)

2章 しなやかなモデリング(システムモデリングの考え方;統計解析的手法とデータの見方)
3章 しなやかな意思決定
3.1 意思決定とは
3.2 意思決定における三つのモデル
3.3 評価・決定モデル
3.4 多基準(多目的)意思決定
 1.多属性効用分析
 多くの経済分析では人間の行動モデルとして効用最大化の仮説をとることが多い。ここで、効用とは人間のもつ喜びや楽しみといった心理的充足感を表すものとかいしゃくしてよい。各代替案xに対しその効用値を表す関数(効用関数)U(x)が得られれば、U (x)を最大化することによって、われわれの問題は解決する。このような数値が意味を持つ効用関数(基数効用関数)が実際に求められるかどうかについては、経済学の分野で長い間論争の歴史があった。しかし、多くの経済分析においては効用関数値が基数としての意味を持たなくても、順序関係が意味を持つだけで(つまり、順序効用関数で)十分であったため、(基数)効用関数を実際に求めて意思決定に役立たせようとする試みはつい最近になるまでなかった。
 von Neumann と Morgensternが、大著『ゲームの理論と経済行動の分析』において、確率を用いることにより効用関数を基数として求めることができると主張するに及んで、以後、積極的に効用関数を求めて意思決定に役立たせようとする動きが活発になった。
 単に一つの評価基準を表す属性上の効用関数ばかりでなく、いくつもの評価基準に対するいくつもの属性上で効用関数を求めようとする試みも盛んになった。このような複数個の属性上の効用関数は多属性効用関数と呼ばれている。(p.71、中山)
 2.対話型計画法
 3.満足化

3.5
3.6
posted by raycy at 14:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日から使えるフーリエ変換 三谷政昭

今日から使えるフーリエ変換今日から使えるフーリエ変換@amazon 三谷 政昭@amazon (単行本 - 2004/12)
posted by raycy at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

果てしなき探求〈下〉―知的自伝 (岩波現代文庫) カール・R. ポパー

果てしなき探求果てしなき探求〈下〉―知的自伝 (岩波現代文庫)@amazon〈下〉―知的自伝 (岩波現代文庫) カール・R. ポパー、Karl R. Popper、 森 博 (文庫 - 2004/
posted by raycy at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新ロウソクの科学―化学変化はどのようにおこるか (SAライブラリー) P.W. アトキンス、P.W. Atkins、 玉虫伶太

新ロウソクの科学@amazon―化学変化はどのようにおこるか (SAライブラリー) P.W. アトキンス、P.W. Atkins、 玉虫 伶太 (大型本 - 1994/3)
posted by raycy at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ日本は没落するか 森嶋通夫

なぜ日本は没落するかなぜ日本は没落するか@amazon 森嶋 通夫 (- - 1999/3)
パレート 精神と社会
残余(レジデュオ) 搾りのこったもの? エッセンス(P.57)
シュンペーター

バベルク
支配・被支配を勢力説と呼びなおせば
勢力説を捨て競争説 シュンペーター
西尾・坂本
日本は、勢力説から、暫時競争説へ移行?高田保馬(P.183)
posted by raycy at 00:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

木材の秘密―リグニンの不思議な世界 榊原彰

木材の秘密@amazon―リグニンの不思議な世界 (1983年) 榊原 彰 (- - 1983/3)
posted by raycy at 12:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

サイバネティックスとは何か―機械・生体・社会と比較システム論 杉田元宜

サイバネティックスとは何か@amazon―機械・生体・社会と比較システム論 (1973年) 杉田 元宜 (- - 1973)
posted by raycy at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

書換へられたる物理学 / 竹内時男著,内田老鶴圃, 大正10

書換へられたる物理学 / 竹内時男著,内田老鶴圃, 大正10
第七章 統計 77
32. エントロピー 77
勢力の堕落(degradation or energy)、勢力の散逸(dissipation of enerty)

33. プランクの輻射の理論 81

第九章 結論 97
37. 物理學の目的と法方
posted by raycy at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

物理学の基礎的諸問題. 第1,2輯 / 石原純著

物理学の基礎的諸問題. 第1,2輯 / 石原純著,岩波書店, 大正12−15
[第2冊]第2輯  四 輻射の熱力學的性質及びブランクの法則

併しともかくもこの関係によりて熱現象に於けるエントロピーの増大は、物体の状態確度の増大として意味づけることが出来ます。
posted by raycy at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。