2007年08月13日

シンカのかたち 進化で読み解くふしぎな生き物 北海道大学CoSTEPサイエンスライターズ、宮本 拓海、遊磨 正秀、 丑丸 敦史

シンカのかたち@amazon
進化で読み解くふしぎな生き物 北海道大学CoSTEPサイエンスライターズ、宮本 拓海、遊磨 正秀、 丑丸 敦史 (単行本 - 2007/3)
ダイオウイカ (P.92‐93)
Monster from the deep Nature 438 1065 2005(P.213)

ヒトが抱える進化の「お荷物」
 ・・・・・・
 なぜこのような不都合がそのまま残っているのだろうか。それは、進化の過程では、突然全く新しい形が生まれることはなく、これまで持っていた形にすこし変化が起こることで新しい形が生まれるということにある。その時点では有利だったり、大きな不利がなかったりしても、そのような「改変」を繰り返していった結果、工学的に見ると無駄な形ができてしまうことがある。これも進化だ。(P.204)

posted by raycy at 09:44| Comment(0) | TrackBack(3) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。