2007年08月04日

筒井ともみ 真夏の幻視

筒井ともみ 真夏の幻視@オヤジとおふくろ@文藝春秋2004年5月号
 ・・・・・・
 シナリオライターになった私は、今でも回想シーンを書かない。その人の心象をあらわすための個人的記憶、あるいはイリュージョンとしてのシーンを書くことはあっても、説明のための回想シーンなど書くまいと決めている。だって、正しい回想などありえないのだから。記憶はその人の思いが創り出すもの。それが事実であったかどうか、客観的に実証することはできない。
 あのとっておきの夏の日、父と母と私の記憶は、もしかしたらそれぞれにずれていたかもしれない。そしてそのずれこそが、思い出のいとおしさなのだ。(P.422)
posted by raycy at 14:48| Comment(0) | TrackBack(2) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。