2007年07月28日

カンの構造―発想をうながすもの 中山正和

カンの構造@amazon―発想をうながすもの 中山正和 (新書 - 1968/10)
 だから何か新しいこと(企業の中で新しいということ)をやるためには、まず向こうにある資料を調査し、入手することが早道だったのだ。
先進国の資料を入手できるかどうかが自分の「新しい仕事」について、第一に重要なことなのだから、この資料を他人が持ってしまったら負けになる。こうして、技術者もまた資料を他人に渡さないクセをみにつけた。
 本社の研究所でもこの研究をやっている。工場の技術部でもやっている。社長さんが心配して、「ムダだから一ヵ所でやったらどうか?」というと、ここで共同研究の態勢ができる。しかし、何回連絡会をやってもうまくゆかぬ。研究所の技術者も、工場の技術者も、なにかいい資料を得ると、「これだけはあいつらに見せてたまるか!」と考えるのである。チーム・ワークはぜんぜんダメだ。(P.157)
 先進国はそうではない。なにか「新しいこと」を始めようと思ったら、たよりになるのは友だちだけだ。「お前はここのところが専門だからチエを貸してくれ」「OK」ということになる。資料をさがそうにもそんなものはないのが「新しいこと」なのだ。リクツで、われわれはこういうことがしたいのだ。そのためには―-といえば、仲間は何人でもあつまる。大プロジェクトが行なわれて破綻をきたさないのは、そういう合理性があるからだ。(P.157-158)

 西ドイツは日本と同じように、アメリカの占領下にあったときには、六三三制を強制された。しかし、占領が終わったあと、また昔の制度に戻してしまった。(P.160)・・・・・・しかし、これはウノミにはできない。・・・・・・こういう点で西ドイツはやや若いエネルギーにおいておくれをとるようになるのではないかと思われる。
 日本の技術者は、技術者としてより科学者として向いている。・・・・・・(P.161)
posted by raycy at 10:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

科学計量学の挑戦―コミュニケーションの自己組織化 ルート ライデスドルフ、Loet Leydesdorff

科学計量学の挑戦@amazon―コミュニケーションの自己組織化 ルート ライデスドルフ、Loet Leydesdorff、藤垣 裕子、 富沢 宏之 (単行本 - 2001/1)
情報 信息
posted by raycy at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンピュータ・通信―その未来と課題 M.グリーンバーガー

コンピュータ・通信―その未来と課題@amazon M.グリーンバーガー 電気通信総合研究所 (1976/12)
posted by raycy at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

インターネットの経済学 佐々木 スミス三根子

インターネットの経済学@amazon 佐々木 スミス三根子 (単行本 - 2000/9)
posted by raycy at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

文字コードの世界 安岡孝一 安岡素子

文字コードの世界 @amazon安岡孝一 安岡素子 (1999/9)
各国の文字コードは
コンピュータ上での約束事であると同時に
それぞれの文化的背景を投影している

 ・・・まだまだ文化的背景を語るための資料としては不十分だが、まずはこれを第一歩としたい。(P.201)
posted by raycy at 16:58| Comment(0) | TrackBack(2) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

早くしてよ 久宝留理子、SORCE、是永巧一

早くしてよ@amazon 久宝留理子、SORCE、是永巧一、 カラオケ (CD - 1994)
posted by raycy at 09:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

雨が空から降れば 小室等

雨が空から降れば@ここから風が@amazon~ディスク・ヒストリー’71-’92~ 小室等
posted by raycy at 16:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国旗はためく下に 泉谷しげる

国旗はためく下に@光と影@amazon 泉谷しげる
posted by raycy at 14:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酒と泪と男と女 河島英五

酒と泪と男と女@amazon 河島英五
posted by raycy at 12:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やさしさに包まれたなら 荒井由実

やさしさに包まれたなら@amazon 荒井由実
posted by raycy at 09:33| Comment(0) | TrackBack(2) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こころの処方箋 河合隼雄

こころの処方箋@amazon 河合隼雄
posted by raycy at 08:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時代 Time goes around 中島みゆき

時代 Time goes around @amazon 中島みゆき
posted by raycy at 08:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幸せにさよなら 作詞作曲:伊藤銀次

幸せにさよなら@Niagara Triangle@amazon Vol.1 作詞作曲:伊藤銀次 
posted by raycy at 07:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

経済学 土方 成美

経済学 土方 成美 @amazon 有斐閣 (- - 1956)
 今や経済学は古典学派(自由主義学派)、マルクス経済学、ケインズ経済学の三つ巴の論戦場だともいえよう。そこで、本書は、この三つの学派の主張の輪郭を伝えることを主眼とした。(前付P.3)

 ・・・「はたらけどはたらけど、猶わが生活楽にならざり、じっと手を見る」という貧乏な人もあれば、食料の欠乏につけ込んで世はばからぬ玉の闇の儲けに安々と巨利を博して肥る者もある。何とかして、この謂れなき金持ちと貧乏をこの世の中から根絶することは出来ないか、働くものの誰もを金持ちにすることは出来ないか。これは古来多くの社会改良家の情熱を燃え上がらせた事実である。(p.1)・・・。この貧富(福祉)の原因に関する研究が経済学の対象であると大まかにいうことが出来る。(p.2)

posted by raycy at 12:23| Comment(0) | TrackBack(2) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

経済ってそういうことだったのか会議 佐藤 雅彦 竹中 平蔵

経済ってそういうことだったのか会議@amazon 佐藤 雅彦 竹中 平蔵 (単行本 - 2000/4)
「佐藤さん、エコノミクス(経済学)って、もともとはどういう意味かお分かりですか」(P.2)
「佐藤さん、エコノミコスって、ギリシャ語の“オイコノミコス[oikonomikos]”から来ているんです、オイコノミコスとはどういう意味かといいますと、共同体のあり方、という意味なんです」(p.3)

●コンペティティブとコンピタント(P.346)

 よく市場万能主義みたいな言い方をされることがありますけど、私はまともな経済学者で市場が万能であるなんて思ってる人は、一人も居ないと思います。競争を野放しにしていると当然のことながら貧富の差が拡大するわけですから、それを補うための制度を作らなければいけません。(P.347‐348)

 後からわかったことだが、佐藤さんは、経済学の語源は「共同体のあり方」であるという私の説明に、いたく関心をもってくださったらしい。しかしこれは、私が話したというより、佐藤さんの雰囲気が私に語らせたものだ。
 佐藤さんの視点は、いつも、心の底から自然に湧き出るような純粋さと、誰もが共感する自然さを持っている。(P.356)
posted by raycy at 12:05| Comment(0) | TrackBack(3) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

日本の名随筆 別冊100 聖書 田川 建三

日本の名随筆 別冊100 聖書@amazon 田川 建三 (単行本 - 1999/6)
矢内原忠雄 帝大聖書研究会終講の辞
矢内原伊作 父・矢内原忠雄が東大を去った日

矢内原忠雄 帝大聖書研究会終講の辞
 最近この学園にいろんな事が引き続いて起こって来て、我々は驚きの中にいる。真に学問をする者は外に棄てられ、野犬、狼の徘徊する処となった。学問と真理は萎縮し、平和と秩序は失せた。大学は私に用がなくなった。私は之を神の審判に委ねるより外ない。願うところは後の日この荒野に水湧き出で、野犬のすみか棲家があしよし蘆葦の繁茂する処とならんことである。(P.111‐112)
 諸君はやがてこの大学を卒業して社会に出でる。日本の国が諸君の信仰を必要とする時が来て、その時私が此処で諸君に話した事を処々でも覚えていれば、それに諸君自身の言を付け加えて、国民と世界とに告げて貰い度い。後の時代には又それらの言を編輯する者に出て貰い度い。こうして神の言を次々の代迄受け継いで、日本国の輝かしき復興と世界全体の平和の日迄に至り度い。我らはこの希望を永遠に有つ。併し今は起きて、我等此処を去ろう。(P.112)
(『嘉信』第一巻第三号・昭和十三年(一九三八年)三月)

矢内原伊作 父・矢内原忠雄が東大を去った日
 家庭での父は非常にこわかった。神経質で、よく怒り、父が家庭にいるときは私や弟などは小さくなっておびえてびくびくしていた。軍国主義を向こうにまわして孤軍奮闘していたのだから、父が神経をたかぶらせていたのは無理からぬことだったが、父のたたかいがどういうものかは子供にはよくわか(P.113)らなかった。よくはわからなかったが、しかしそれでも、父が貴重な仕事に邁進し、正しいたたかいをたたかっているのだということは信じていた。(P.114)

 ・・・その一行に私をも加えた。・・・そのたたかいをつぶさに見せ、そのたたかいを受け継がせようという気持ちだったにちがいない。(P.115)

 ・・・「私は広い野に出ました。たといそれが曠野でも、吹く風はじ実に自由です」これが父の東大辞職時の心境だった。しかしむろん、戦争に対する矢内原忠雄のたたかいは、こののちさらに苛烈となったのである。(P.116)
「新潮45」一九八四年五月号
posted by raycy at 10:18| Comment(0) | TrackBack(2) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

科学と文明 朝永振一郎

科学と文明 朝永振一郎(1976年)(物理学とは何だろうか 下 岩波新書 黄版 86)
・・・われわれの周囲にある自然は、そういう[ほんとうの]自然法則があらわれないように邪魔するものがある、それは空気の抵抗といったようなものです。そういうものが邪魔をする自然を見ていたのでは、ほんとうの自然法則は見つからない、そういう考え方を彼[ガリレオ]はしたわけです。(P.166)

 ある意味で物理学者というのはいちばん頭が悪い存在でして、・・・試験問題が出たときにカンニングをやるんです。こっそり実験というようなことをやってのぞいてしまう。・・・自然の女神のベールをめくってじかに見ないとわからないというのが物理学者(P.220-221)
 ・・・ベールをそのままにしながら自然を知ると言う方法、こういうものが可能であるということです。(P.221)
posted by raycy at 17:08| Comment(0) | TrackBack(5) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

企業は、小さく、平たく、迅速で、透明になる?―新しい組織と経営戦略 佐々木スミス 三根子

企業は、小さく、平たく、迅速で、透明になる?@amazon―新しい組織と経営戦略 佐々木スミス 三根子 (単行本 - 2002/5)
目次
序章 どう変わる、企業と経営
第1章 情報の富は、注意力の貧困を生む ハーバート・A・サイモン/談 33-52
第2章 情報財市場を、うまくセグメントできない企業は淘汰される
第3章 情報は市場の透明度を増し、利益を圧縮する エリック・K・クレモンズ/談 73-92  
第4章 急変する環境では、複雑系「崖っぷちの競争」戦略が有効
第5章 生産性向上には、情報投資での無形資産投資が必要
第6章 小さく、分権化し、バーチャルになる企業が増える
第7章 企業戦略のパルス・レートが短縮する
第8章 競争相手の弱さを戦略的レバレッジに
第9章 「人工の市場」における顧客ロイヤルティーとブランドの重要性
第10章 二一世紀に成功するためのビジネスモデル改革

第3章 情報は市場の透明度を増し、利益を圧縮する
 限界ありしも、情報は市場をより合理化・効率化する
 クレモンズ 理論上では、関係者がより多くの情報を保持すればするほど、市場はより合理的で効率的になると思われている。また、分配効率、つまり市場が商品やサービスを最も欲している者に分配できるほど、正しい戦略であるといえる。しかしこの理論にはいくつか限界があり、第一が規制で、第二が広報で、第三が経済学者が「限界合理性」(”bounded rationality”)と呼ぶ物である。・・・米国では、アマゾン・ドットコムが顧客によって違った価格をつけようとしたら、猛烈な反対にあった。これは、市場は決して完全に効率的にはなり得ないことを意味している。・・・(P.77)
posted by raycy at 14:52| Comment(0) | TrackBack(6) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

循環型社会を創る―技術・経済・政策の展望 エントロピー学会

循環型社会を創る@amazon―技術・経済・政策の展望 エントロピー学会 (単行本 - 2003/2)
エントロピー学会
 ・・・・・・
 隔月で情報交換のためのニュース「えす」を発行するとともに、年3回程度、会員の論文(覚え書き)とエッセイなど(談話室)を中心として会誌「えんとろぴい」を刊行している。・・・(P.285)
posted by raycy at 14:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

寺田寅彦 大森 一彦

寺田寅彦@amazon 大森 一彦 (単行本 - 2005/9)
 ところで、当初掲げた寅彦評価の件はどうなったか。それへの回答の一端は、近年の諸文献によって知ることが出来るのだが、要するに、割れ目にしても、金平糖の角にしても、ネコの毛並みにしても、寺田が提起したものは、いずれも新しい地平を拓く大変むずかしい問題で、短時日の間に解明されるがごとき性質のものではなかったようである。・・・現代科学はようやく・・・(P.334)
posted by raycy at 19:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。