2007年03月22日

時間の矢 コンピュータシミュレーション、カオス―なぜ世界は時間可逆ではないのか? ウィリアム・グラハム フーバー

時間の矢@amazon コンピュータシミュレーション、カオス―なぜ世界は時間可逆ではないのか? ウィリアム・グラハム フーバー@amazon、William Graham Hoover@amazon、 志田 晃一郎 (単行本 - 2002/4)
posted by raycy at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

疑似科学と科学の哲学 伊勢田 哲治

疑似科学と科学の哲学 伊勢田 哲治@amazon (単行本 - 2002/12)
posted by raycy at 18:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

合理主義―ヨーロッパと日本 会田 雄次

合理主義―ヨーロッパと日本@amazon 会田 雄次 (新書 - 1966/7)
posted by raycy at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

資本主義から市民主義へ 岩井 克人 三浦 雅士

資本主義から市民主義へ@amazon 岩井 克人 三浦 雅士 (単行本 - 2006/7)
――(三浦) ・・・・・・世界を均一化することで生きているということでもある。デ・ファクト・スタンダードには、どこかエントロピーの法則のようなところがあるわけで、・・・・・・(P.63)

つまり、ゲーデルの定理が発見されると、それによって世の中の複雑性が増してくる。エントロピー増大の法則が打ち破られてしまうのです。(P.201)

FOXP2(P.224)

 さらに言えば、こういう自己循環論法的な真理があるということは何を意味するかというと、エントロピー増大の法則が打ち破られるわけです。ゲーデルの定理の発見によって、複雑性が増したわけだからエントロピーは減少しているわけですよね。(P.245)
・・・。ボルツマンの熱力学で言えば、すべての分子が偶然でバラバラである無秩序な状態、構造のない状態は、すっきりしていなくて、エントロピーは最大です。それに構造が与えられるというのは、確率論的にはほとんどありえないことが起きてしまうということです。だけど、いちどそういう構造が生まれると、それまでバラバラだったものに秩序が与えられ、すっきりする、構造が生まれることによってすっきりする。
・・・・・・
――(三浦)結晶化するようなものですね。人間はエントロピー増大の法則を打ち破るひとつの現象としてあるということになるわけだ。
岩井 そうです。言語・法・貨幣みたいな実体が積み重なって、アナロジーなのでちょっと分かりにくいかもしれませんが・・・・・・(P.245-246)

パブリック・コーポレーション・・・・・・株式市場に上場している会社のこと(P.269)
posted by raycy at 00:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

確率の理解を探る―3囚人問題とその周辺 市川 伸一

確率の理解を探る―3囚人問題とその周辺 市川 伸一 日本認知科学会 (単行本 - 1998/5)
納得
posted by raycy at 22:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

物理・化学から考える環境問題―科学する市民になるために 吉村 和久 白鳥 紀一

物理・化学から考える環境問題@amazon―科学する市民になるために 吉村 和久 白鳥 紀一 (単行本 - 2004/3)
trans science ワインバーグ 1972
宇井純 物理学会誌1980年
天外伺朗 スト革
正しさ 納得 後悔 後悔ゼロ 後悔最小
posted by raycy at 22:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

佐藤,正隆 24a-J-7 測定情報を表現する確率理論と意味の情報量

佐藤,正隆 24a-J-7 測定情報を表現する確率理論と意味の情報量 春の分科会講演予稿集 社団法人日本物理学会 19910311 1991 3 420 http://ci.nii.ac.jp/naid/110001907223/

 
posted by raycy at 14:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐藤,正隆 31a-TL-7 2値素子の制御の情報量と発生エントロピー

佐藤,正隆 31a-TL-7 2値素子の制御の情報量と発生エントロピー 年会講演予稿集 社団法人日本物理学会 19900316 45 3 361 http://ci.nii.ac.jp/naid/110002204422/
posted by raycy at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐藤,正隆 3a-D5-11 Kullback-Leiblerの情報量から導かれる式の統計熱力学的,情報論的な適用

佐藤,正隆 3a-D5-11 Kullback-Leiblerの情報量から導かれる式の統計熱力学的,情報論的な適用 秋の分科会講演予稿集 社団法人日本物理学会 19880916 1988 3 352 http://ci.nii.ac.jp/naid/110002047478/
posted by raycy at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐藤,正隆 27p-W-12 速度の制御に伴う発生エントロピーと情報量との関係

佐藤,正隆 27p-W-12 速度の制御に伴う発生エントロピーと情報量との関係 秋の分科会講演予稿集 社団法人日本物理学会 19870916 1987 3 337 http://ci.nii.ac.jp/naid/110002020577/
posted by raycy at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SATO,Masataka Proposal of an Extension of Negentropy by Kullback-Leibler Information

SATO,Masataka Proposal of an Extension of Negentropy by Kullback-Leibler Information : 1st Report, Definition and Exergy Bulletin of JSME 00213764 社団法人日本機械学会 19851200 28 246 2960-2967 http://ci.nii.ac.jp/naid/110002358316/

SATO,Masataka Proposal of an Extension of Negentropy by Kullback-leibler Information : 2nd Report, Proportional Relation between Negentropy and Work Bulletin of JSME 00213764 社団法人日本機械学会 19860300 29 249 837-844 http://ci.nii.ac.jp/naid/110002358561/

SATO,Masataka Proposal of an Extension of Negentropy by Kullback-Leibler Information : 3rd Report, Cross Term and Mutual Negentropy Bulletin of JSME 00213764 社団法人日本機械学会 19860000 29 257 3795-3802 http://ci.nii.ac.jp/naid/110002358899/
posted by raycy at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐藤,正隆 Kullback-Leiblerの情報量によるネゲントロビーの拡張の提案 : 第1報 〜第4報

佐藤,正隆 Kullback-Leiblerの情報量によるネゲントロビーの拡張の提案 : 第4報,ネゲントロビー容量 日本機械学會論文集. B編 03875016 社団法人日本機械学会 19870925 53 493 2863-2868 http://ci.nii.ac.jp/naid/110002400997/

佐藤,正隆 Kullback-Leiblerの情報量によるネケントロピの拡張の提案 : 第3鞍,交差項と相互ネケントロピ 日本機械学會論文集. B編 03875016 社団法人日本機械学会 19860325 52 475 1078-1085 http://ci.nii.ac.jp/naid/110002400233/

佐藤,正隆 Kullback-Leiblerの情報量によるネゲントロピの拡張の提案 : 第2報,ネゲントロピと仕事の比例関係 日本機械学會論文集. B編 03875016 社団法人日本機械学会 19850725 51 467 2132-2139 http://ci.nii.ac.jp/naid/110002399854/

佐藤,正隆 Kullback-Leiblerの情報量によるネゲントロピの拡張の提案 : 第1報,定義およびエクセルギ 日本機械学會論文集. B編 03875016 社団法人日本機械学会 19850425 51 464 1235-1242 http://ci.nii.ac.jp/naid/110002399727/

posted by raycy at 14:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐藤,正隆 最大仕事と形態の変換に対してネゲントロピが果たす役割について

佐藤,正隆 最大仕事と形態の変換に対してネゲントロピが果たす役割について 日本機械学會論文集. B編 03875016 社団法人日本機械学会 19821225 48 436 2573-2579 http://ci.nii.ac.jp/naid/110002398747/
posted by raycy at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐藤,正隆 ネゲントロピの新しい定式化の提案

佐藤,正隆 ネゲントロピの新しい定式化の提案 : 第1報, 基礎概念 日本機械学會論文集. B編 03875016 社団法人日本機械学会 19810825 47 420 1604-1611 http://ci.nii.ac.jp/naid/110002398334/

佐藤,正隆 ネゲントロピの新しい定式化の提案 : 第2報,ネゲントロピによる仕事の表現 日本機械学會論文集. B編 03875016 社団法人日本機械学会 19820225 48 426 291-299 http://ci.nii.ac.jp/naid/110002398470/
posted by raycy at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。