2007年01月30日

エコ・ネットワーク設計法 秋山 友宏

http://blog.tri-b.tv/topo/index.php?itemid=14
北海道大学21世紀COE公開講座「トポロジー・ニューサイエンス」/物の見方を変える革新的学問〜「トポロジー」の謎に迫る » エコ・ネットワーク設計法

http://blog.tri-b.tv/pdf/akiyama.pdf
akiyama.pdf (application/pdf オブジェクト)
エコ・ネットワーク設計法 秋山 友宏(Tomohiro Akiyama)
エクセルギーとは地球を相手に商売する時の「貨幣」である。環境と異なる状態の時、仕事をすることができる。そして全ての行為はエクセルギーを減らす方向へと向かう(エクセルギ減少則)(P.53)
posted by raycy at 16:36| Comment(0) | TrackBack(4) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

「長生き」が地球を滅ぼす ― 現代人の時間とエネルギー ― 本川 達雄

「長生き」が地球を滅ぼす@amazon ― 現代人の時間とエネルギー ― 本川 達雄
121ワットを1「ヒトエネ」とする(P.119)
お金とエネルギーと時間(P.135)

40倍>>10倍

代謝時間

posted by raycy at 17:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタルカラー烈伝 温暖化クライシス 山根 一眞

メタルカラー烈伝 温暖化クライシス@amazon 山根 一眞
[地球温暖化]二酸化炭素で1年の半分が真夏日  国立環境研究所・井上元
2006・03・31

山根 数年前までは、専門かも「二酸化炭素の排出増と温暖化の関係は、まだハッキリとはいえない」という返答ばかりでしたけど?
井上 今では、明確にいえるようになりましたよ。
山根 ホントに?いつから?
井上 この一年です。(P.349)
・・・・・・
井上 二酸化炭素です。工業統計などによる二酸化炭素の排出量などをデータとして加えたところ、現実の気象現象と一致したんです。(P.350)

[二酸化炭素観測衛星]京都議定書クリアの一手  宇宙航空研究開発機構・浜崎敬

浜崎 すでに終えていた概念設計をすべて見直し、設計思想の根本を変える決意をしたんです。サバイバビリティを高める、つまり「死なない衛星にする」ということです。
山根 当然のような気もしますけど?
浜崎 いえ、大きく違います。従来は「なるべく成功する衛星」という設計思想でやってきたが、「GOSAT」は「なるべく失敗しない衛星」にする、
・・・・・・
とにかく生き残るようにしたんですよ。(P.377)
・・・・・・「100%成功」となる確率は少し減ったかもしれません。しかし、「絶対に死なない」確率は格段に上がったんです。(P.378)


posted by raycy at 11:28| Comment(0) | TrackBack(3) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

ピーターの法則 ローレンス・J・ピーター、レイモンド・ハル

ピーターの法則@amazon ローレンス・J・ピーター、レイモンド・ハル
posted by raycy at 10:09| Comment(0) | TrackBack(2) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

高橋秀俊 省エネルギの物理的基礎

高橋,秀俊
省エネルギの物理的基礎
日本機械学會誌 82(725),308-312,19790405(ISSN 00214728) (日本機械学会/社団法人日本機械学会)
posted by raycy at 21:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 解説覚書など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

別冊経済セミナー『エントロピー読本I』,日本評論社(1984)

別冊経済セミナー『エントロピー読本I』,日本評論社(1984)
http://entropy.ac/download/E1/E-14.pdf
質疑・討論2=物理学の範囲でも議論すべきことは多い
・・・・・・
司会(三輪)
 物理の中で混乱があると言われましたが、エントロピーの概念そのものに混乱があるというよりも、あるプロセスでエントロピーが増えたか減ったかという言葉使いに混乱があるというように私は思っています。・・・・・・
 ・・・・・・
槌田
 ・・・物理学者が・・・人にわかってもらおうというときに、自分の解釈で話をする・・・
 エントロピー概念の混乱・・・には二種類あって、一つは解釈の混乱、一つは拡張解釈の混乱です。今の場合の私と安孫子さんの議論、そのほかここでいろいろ議論になっているのは、解釈の方の混乱だと理解していただきたいと思います。
 たとえばネゲントロピーという概念を使わなくてもエントロピーだけで説明ができるのに、なぜネゲントロピーを使って複雑にするのかと私が問えば、安孫子さんはネゲントロピーを使えばこんなに解釈が簡単なのに、なぜエントロピーだけで複雑な解釈をするのかと言い合っている議論なわけです。・・・・・・(P.115)

 フロア 東京大学物理学科の学生の中島です。樋田さんのお話はすぐに価値のエントロピー一元論的になってしまうような気がします。高橋さんの質問は、要するに経済で目標とすべきことは、熱エントロピーをふやさないようにすることなのか、それとも物質エントロピーなのかだったようですが、それは別にあまり気にしなくてもいいような気がします。
 エントロピーの法則は物理法則で、要するに自然の法則ですから、エネルギー不変の法則の場合と同様に破るわけにはいかない。しかし、地球上にあまりおかしなものが増えないように守っている範囲内では何をやろうと自由なわけで、経済的な目標設定のような話のときにエントロピーの話を出すのは、あくまでも最低限これはやってはいけないという話ではあっても、これをやるべきだという話になってこないような気がします。そのへんについて槌田さんはどうお考えかうかがいたいと思います。
 槌田 私が、エントロピーの法則で世界を一元論的に理解しているの
ではないかという批判がよくあります。しかし、われわれは今の話にあったように決してそういうことを言っているのではない。ただエントロピーの法則に反するような議論をしてはいけないと言っているだけのことです。そういう点では私も同じ意味です。
 それから価値の問題ですが、物理のほうで言う価値は、使用価値の範囲にとどまっている。ただし、その使用価値も全部の使用価値について言っているのではない。価値にはいろいろな考え方があり、いろいろな部分があるわけです。われわれは交換価値に手を出そうなどとはとうてい思っていません。(P.118)

フロア井野 P.68の図はパイ捏ね変換でなくで、パイ重ね変換。これでは、スーパーラティスというニューマテリアルになる。捏ねがないとエントロピーは増えない。(P.117より要約)

http://entropy.ac/download/E1/E-8.pdf
報告3=統計的エントロピーと熱学的エントロピー 小出昭一郎
●パイこね変換とエントロピー
 ・・・ミクロ(微視的)の分子を扱う統計力学と、熱をマクロ(巨視的)に扱う熱力学とを融合させることはむずかしい課題であり、現在でも完全に解決されているとはいいがたい状況です。・・・・・・(P.68) 
posted by raycy at 20:41| Comment(0) | TrackBack(4) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

セオリー・ゲームからの脱出―未体験時代への43の戦略 糸川 英夫

セオリー・ゲームからの脱出@amazon―未体験時代への43の戦略 糸川 英夫
「セオリー」いわば常識は永い間にできあがった行動基準である。しかし、「セオリー」どおりにいかないとき、常識を打ち破る新しい行動基準を必要とする。
posted by raycy at 17:04| Comment(0) | TrackBack(2) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

高橋秀俊 エネルギの価値 : エネルギ開発持集号によせて

高橋,秀俊
エネルギの価値 : エネルギ開発持集号によせて
日本機械学會誌 68(557),710-713,19650605(ISSN 00214728) (社団法人日本機械学会)

2.熱力学とエネルギの価値づけ
・・・・・・
 こうして、熱力学の第二法則に基づいて、自由エネルギ
   = −TS
という量が定義され、 こそエネルギ にかわって本当のエネルギの価値を示す尺度であるということになる。ここで はエントロピ、 は絶対温度であって、上の式はエントロピが負の価値を有すること、もっと分かりやすくいえば”負エントロピ”が価値を有するということである。(P.710)
 もう一つの重要な点はエネルギの相対性である。・・・・・・(P.711)
posted by raycy at 10:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

マイ・ライフ ブルース・ジョエル・ルービン 酒井 紀子

マイ・ライフ@amazon ブルース・ジョエル・ルービン 酒井 紀子
 ボブは髭の剃り方を撮っている。広いバスルームに立ち、鏡の前で顔にシェービングクリームを塗っている。カメラは彼の後ろの椅子から鏡に向けられている。
「髭剃には、二つの基本的な剃刀の方向というものがある。上の方から剃り降ろすか、下の方から剃り上げる。下に一回、上に一回。いいかい、分かるね?痛いのを我慢して上の方に向けて剃る理由はね、女の子にもてるためだ。あ、最後にもう一つ注意しておく。剃刀は決して横にスライドさせないこと。顔が血まみれになっちゃうから。」(P.152)
posted by raycy at 15:09| Comment(0) | TrackBack(2) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

絶対反応速度論〈上〉 アイリング、Henry Eyring、 長谷川 繁夫、平井 西夫、 後藤 春雄

絶対反応速度論@amazon〈上〉 アイリング、Henry Eyring、 長谷川 繁夫、平井 西夫、 後藤 春雄
活性化エントロピー
posted by raycy at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

書物の喜劇 ラート=ヴェーグ イシュトヴァーン、R´ath‐V´egh Istv´an、 早稲田 みか

書物の喜劇@amazon ラート=ヴェーグ イシュトヴァーン、R´ath‐V´egh Istv´an、 早稲田 みか
・・・・・・・ヨハネ伝10章8節・・・・・(P.8)
 当時の人が言うところの文法学者であり、・・・・・・(P.9)
posted by raycy at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

近世ヨーロッパ―西洋史 5 (新書) 志垣 嘉夫 (編さん)

近世ヨーロッパ@amazon―西洋史 5 (新書) 志垣 嘉夫 (編さん)
 性の不倫な関係を禁止する道徳律(召使をも含めた家族が一丸となって同室で就寝した十七世紀―時には十九世紀まで続いた―生活様式の混淆状態は厳格な性の禁止律を前提としている。だから近親相姦、姦通、誘惑などの違反行為は厳しく断罪されたのである。)を遵守した近世人は、・・・・・・(P.19)
posted by raycy at 21:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大原照子のシンプルライフ術―少ないモノで気持ちよく暮らす  大原 照子 (著)

大原照子のシンプルライフ術@amazon―少ないモノで気持ちよく暮らす  大原 照子 (著)
収納はスペースの70%しか使わない(P.130)
posted by raycy at 18:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

今なぜエネルギー代謝か―生活習慣病予防のために  細谷 憲政 (著)

今なぜエネルギー代謝か@amazon―生活習慣病予防のために  細谷 憲政 (著)
Thomas Young A Course of Lectures on Natural Philosophy and the Mechanical Arts(P.13)

%REE48)(P.23)
posted by raycy at 09:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

ミクロへ,さらにミクロへ―量子力学の世界  戸田 盛和 (著)

ミクロへ,さらにミクロへ@amazon―量子力学の世界  戸田 盛和 (著)
言いかえ(P.218)ファインマン ノーベル賞受賞講演 
posted by raycy at 11:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。