2006年11月30日

むかし・あけぼの―小説枕草子 田辺 聖子

むかし・あけぼの@amazon―小説枕草子 田辺 聖子

中宮定子との思い出、共感 感動の日々 それだけあれば、元が取れてお釣りが来る。女の友情はあった。

枕草子以後は、めそめそ女の繰言日記ばかり。この手の本はない、絶後であるというのだが。。。

posted by raycy at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神里公 エネルギ-とエコロジ-の諸問題

神里,公
エネルギ-とエコロジ-の諸問題
経済評論 29(12),132-147,1980/12(日本評論社 〔編〕/日本評論社)

物理価値とはネゲントロピーのこと。

http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/2c6e1aca30fdacf0b1990dc44a14cc5c
霊犀社2 神里 公氏のネゲントロピー
posted by raycy at 13:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幸福論 カール ヒルティ

幸福論 カール ヒルティ@amazon
幸福論(第一部)
仕事の上手な仕方

 仕事の上手な仕方は、あらゆる技術の中でも、もっとも大切な技術である。というのは、この技術を一度正しく会得すれば、その他の一切の智的活動がきわめて容易になるからである。それなのに、・・・・・・(P.13)


 仕事にも、あらゆる技術と同じく、そのこつがあり、それをのみこめば、仕事はずっと楽になる。仕事をする気になることだけでなく、仕事が出来るということも、決して簡単なことではないが、多くの人はそれを知らない。(P.21)

(三)精神的な創造的仕事をするのに、仕事の区分や、あるいはそれ以上に序論のために、時間と仕事の興味とを失っている人がきわめて多い。あまりに凝った、意味深げな、また一体にあまりに深く立ち入った序論というものは、普通、すこしも目的にそわず、かえって後段にのべるはずのものを前もって語ってしまうという不都合を生ずるものであるが、それはともかくとして、序論や表題は最後に作れというのが、誰にでもあてはまる適当な忠告である。そうすれば通常、それらはひとりでに出来てくるものなのだ。序論的なものはすべて後回しにして、自分の実際に最もよく知っている本論から始めれば、ずっと楽に仕事を始めることができる。それと同じ理由からして、まず序文や、また多くの場合第一章をもぬかして読む方が、書物はずっと読みやすい。少なくとも著者は、序文は決して最初に読まないことにしているが、そして、本文を読み終わったのちにそれにざっと目を通してみても、そのために損をしたと思ったことはまだ一度もないといっていい。もっとも、中には序文が一番いいという書物もないわけではないが、しかし、そんな書物は総じてあまり読む価値のあるものではない。(P.25‐26)
posted by raycy at 12:53| Comment(0) | TrackBack(2) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アラビア遊牧民 本多 勝一

アラビア遊牧民@amazon 本多 勝一

ネタバレ注意だったかな?


世界に最後に残った秘境、それは、JAPAN かもしれない。

posted by raycy at 12:34| Comment(0) | TrackBack(2) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

情報科学 (1970年) 杉田 元宜、岡山 誠司

情報科学 (1970年) 杉田 元宜、岡山 誠司@amazon
・・・・・・。右辺のかっこの中は電位差にあたると考えると、Re は電気抵抗に対応するので、化学抵抗ともいわれ、左辺は電流にあたり、左から右への反応のflux になる。こういう関係は古くから(1920年代から)Marcellin(マルスラン)、Jouguet(ジュゲ)、de Donder(デ・ドンデル)らによって論じられていた。(P.17)

 次にもっと一般的な場合を考え εε・・・に統計的重率 ・・・ がつくときは・・・・・・(P.30)
 次に
           
=Σ log ――――  (13.17)
           

 関数というもの(エンタルピーとは別)を定義すると・・・・・・(P.32)
  d
 ――― =・・・・・・         (13.18)
  d
 ・・・・・・(中略)・・・・・・
(13.18)式は Boltzmann により 定理と呼ばれたものである。この 関数とエントロピーの間に

 = −

という関係があるので、・・・・・・(P.33)



posted by raycy at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤池,弘次 エントロピ-を巡る混乱

赤池,弘次
エントロピ-を巡る混乱
数理科学 23(1),p53〜57,1985/01(ISSN 03862240 // 03868257) (サイエンス社)
 エントロピーという言葉の使用を第1番目の熱力学的意味に限定してしまえさえすれば混乱は生じない、という見方が成立することは確かである。しかしそれでは、朝永振一郎が名著「物理学とは何だろうか」(岩波新書)の下巻のほとんどすべてを費やした程のボルツマンのエントロピーに関する輝かしい成果に対し、それがわれわれの共通な知的財産となる道を閉ざしてしまうことになる。(P.53)

-------------------------------------------------------
Wiener Berichte 78,7,1878 BOLTZMANN
----------------------------------------------
Boltzmann, L. 1878, “Weitere Bemerkungen über einige Probleme der
mechanischen Wärmetheorie”, Wiener Berichte, 78, 17-46かな?, in Boltzmann 1909, II,
250-288
----------------------------------------------
著者名等 Boltzmann, Ludwig, 1844-1906
タイトル Wissenschaftliche Abhandlungen / Im Auftrage und mit Unterstutzung der Akademien der Wissenschaften zu Berlin, Gottingen, Leipzig, Munchen, Wien, hrsg. von Fritz Hasenohrl.
出版事項 New York : Chelsea Pub. Co., [1968].
理工 開架書庫 CA Wis 2 = Bd.2
posted by raycy at 08:05| Comment(0) | TrackBack(4) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

都市と科学の論理―阪神・淡路大震災がつきつけたもの  武谷 三男, 藤田 邦彦, 小田 実

都市と科学の論理@amazon―阪神・淡路大震災がつきつけたもの (単行本(ソフトカバー))
武谷 三男, 藤田 邦彦, 小田 実

技術論

http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/19a6cc5180317eaff9d3f3e82d298813
知の統合ワークショップ「横断型科学技術と数学− 新たな学問領域の創出に向けて」
posted by raycy at 04:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語による論文作製入門 古賀克己

英語による論文作製入門 古賀克己

http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/d377baea96b5c8e9d89121508c3124ef
英語による論文作製入門
posted by raycy at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

地上と星の中のエネルギー―語りつぐ現代物理学 (1975年) 清水 韶光 (翻訳)

地上と星の中のエネルギ@amazonー―語りつぐ現代物理学 (1975年)
清水 韶光 (翻訳)
ランダウ 金の貯え
 ランダウ自身用の根本原理集?
論文は読まない。最前線の研究情報はセミナー・講演の企画・参加と質問によって仕入れる。論者が示した原理を使って、ランダウなりに演繹してみる。もし、論者の示した原理がランダウのになかったら、それをランダウ自身の根本原理集に加える。そして、論者の結論を再現してみる。論者の論理経路ではなく、ランダウ自身の思考経路によって。
原理公理>>>経路>>>結論。
posted by raycy at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

孔子―人間、どこまで大きくなれるか (単行本) 渋沢 栄一 (著), 竹内 均 (編集)

孔子―人間、どこまで大きくなれるか@amazon (単行本) 渋沢 栄一 (著), 竹内 均 (編集)
posted by raycy at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近代の創造 山本七平

近代の創造 山本七平

尾高藍高 尾高藍香
posted by raycy at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

糸川英夫の人類生存の大法則―生きぬくための18の提言

糸川英夫の人類生存の大法則@amazon―生きぬくための18の提言 (単行本) 糸川 英夫 (著)
posted by raycy at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

なぜ、いまエントロピー学会なのか 室田武

なぜ、いまエントロピー学会なのか 室田武
http://entropy.ac/download/E1/E-3.pdf
E-3.pdf (application/pdf オブジェクト)

http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/71eabd4752f6fd9d1165cbb50602c0b3
ラスティグ ラムフォード ホテリング 柴田敬 河宮信郎
posted by raycy at 20:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わたしの外国語学習法 ロンブ カトー、Lomb Kat´o、、米原 万里

わたしの外国語学習法@amazon ロンブ カトー、Lomb Kat´o、、米原 万里

http://raycy.seesaa.net/article/26434037.html
コンピュータの部品になりたくない学生諸君へ (単行本) 増山元三郎 (著)

で紹介されてあった。
posted by raycy at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安藤洋美 『統計学けんか物語──カール・ピアソン一代記

安藤洋美 1989『統計学けんか物語──カール・ピアソン一代記』、海鳴社、1989。

http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/eaeca7d46fc38e7f70b9ad7abc6a0e8e
科学の価値 漱石 pearson OR ピアソン
posted by raycy at 00:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

環太平洋インナーネット紀行―モンゴロイド系先住民の叡智 星川 淳

環太平洋インナーネット紀行@amazon―モンゴロイド系先住民の叡智 星川 淳
posted by raycy at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

重牽引の歩速及び最大仕事率より見たる褐毛和牛の体型

岡本,正幹; 大坪,孝雄; 小川,清彦; 増満,洲市郎
重牽引の歩速及び最大仕事率より見たる褐毛和牛の体型
鹿兒島大學農學部學術報告 5,41-48,19561130(ISSN 04530845) (鹿児島大学)
posted by raycy at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

越塚 登. “ユビキタスID技術とユビキタスミュージアム”

越塚 登. “ユビキタスID技術とユビキタスミュージアム”. 情報管理. Vol. 49, No. 8, (2006), 417-424.
http://joi.jlc.jst.go.jp/JST.JSTAGE/johokanri/49.417
ユビキタスID技術とユビキタスミュージアムhttp://www.jstage.jst.go.jp/article/johokanri/49/8/49_417/_article/-char/ja
JOHOKANRI : Vol. 49 (2006) , No. 8 p.417-424
posted by raycy at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JIS Z 9204:1991 有効エネルギー評価方法通則

JIS Z 9204:1991 有効エネルギー評価方法通則
General rules for energy evaluation method by available energy

http://www.webstore.jsa.or.jp/webstore/Com/FlowControl.jsp?lang=jp&bunsyoId=JIS+Z+9204%3A1991&dantaiCd=JIS&status=1&pageNo=0
JSA Web Store-規格詳細情報(JIS)
posted by raycy at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 本メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。